農園の様子

遠山藤原学校農園の様子

5月14-15日 農園作業参加者 募集

yuponです

本格的に春の農作業の季節がやってまいりました。

今年から遠山藤原学校では毎月末定例のツアー(遠山藤原学校・遠山郷の休日)イベントに加え、それ以外のときにもスタッフによる自主企画を行って、コアな遠山ファンが集まれる場を提供していこうということになりました。


5月14-15(土曜~日曜) 木沢にある遠山藤原学校農園で春の農作業+お楽しみ工作会をやります。
これまで、遠山藤原学校に参加されたみなさん、また初めての方でもOKです。普段着の遠山でのんびりと畑仕事や工作をしませんか?今回はスタッフの吉田裕一(yupon) 加藤 藤尾 の3人がお相手します。

日時
5月14日(昼12時)木沢小学校集合
梨本停車場で食事
工作 または農作業(天気によりどちらをやるか判断します。)

夕方 かぐらの湯 で入浴
夕食 木沢小学校で自炊します。遠山の本家「たまり場」で大いに食べて飲んで、ロハスな未来について語り合いましょう。

宿泊 各自(民宿に宿泊希望のかたは手配しますのでご連絡ください。)
スタッフは木沢小近辺でキャンプ・仮眠所利用します。仮眠所希望のかたはお申し出ください。

5月15日 
朝食 木沢小学校で自炊
午前中 工作 または農作業

昼食を食べて解散です。

費用

仮眠所利用の方は施設利用費(1000円)
その他食材費などは現地調達でワリカンします。

作業内容

農作業; 夏野菜の植え付け

工作 ; ロケットストーブの製作体験

ロケットストーブ とは?https://sites.google.com/site/rocketstovejapan/

薪を効果的に燃やして調理用に使うための小型の調理器具です。ロケットストーブは、アメリカ・オレゴン州で開発された、廃材・身近な材料を活用してセルフビルドできる薪ストーブだということ。
今回の東日本大震災でも被災した現地では薪による煮炊きが多くの人々の命を救いましたが、
少ない薪で効果的に煮炊きできるカマド=ロケットストーブはこれからの低エネルギー社会に向けて重要なアイテムです。ぜひこの機会に作り方をマスターして、非常時に備えておきましょう。
ロハスは実践しなければ意味がない!

・・・と申しましても、実はスタッフも誰も作ったことはありません。
えっ? スタッフも作ったことがないのに出来るのかって?
まあ、筆者は見よう見真似で家を5棟建てた人間ですから、これくらいは出来るでしょう(笑)


マニュアル本が出版されているようですから、これと首っ引きでいっぺん作ってみましょう。
Photo


もっとも簡単なものはこういうものです
Sample_11

Imgp5636

ロケットストーブを紹介する動画
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=9uh2VExcdbY&feature=related


参加希望お問い合わせは遠山藤原学校スタッフの吉田裕一 (yupon) まで
下記メールにて連絡ください。

yupon5987@@@ybb.ne.jp

上記アドレスのアットマーク @ を一個にしてメール送信してください。

| | コメント (1)

食べられました。

Photo

どうやら玉ねぎを食べられたようです。この写真にはありませんが根こそぎ抜かれたのもありましたので、 おそらくは猿だと思います。 取りあえず、電柵を3段から4段に張りなおし、夜間用の照明(ソーラーバッテリータイプ)を6ケ設置しました。 これで、防げるとは思いませんが、時間稼ぎです。 柱をたてて、畑全体を網で囲うなどの根本対策が必要です。

| | コメント (4)

8月遠山藤原学校 特別農作業

yuponです。

8月28-29日に開催の遠山藤原学校に先立ち、27日午後-28日午前の両日、木沢の農園でスタッフ4名+ゲスト1名で農作業をしました。残暑のお日様ギラギラ、農園の草はボウボウ、汗はダラダラながれ、作業のあとはビールをグビグビ飲みました。

28日集合後、梨本停車場でみんなで昼食
Dvc10184

しっかり腹ごしらえして農作業をはじめました。

畑のほうは・・・・
トウモロコシ(ポップコーン)は全部動物に食べられて全滅、豆類もほとんど実はありませんでした。

元気なのは、タカキビ(コウリャン)と、モロヘイヤ、とタカノツメ、サトイモ、落花生、ピーマンなどです。

7月に植えたキャベツは虫に食われてほぼ全滅でした。

草ボウボウの手入れ前、一月に一回の手入れではこんなになってしまいます。
Dscn0980

Dscn0977

Dscn0978

Dscn0979

5人で全部の整備は不可能なので、まず、半分だけ手入れすることにしました。
まずは草取りから

Dscn0982

Dscn0983

Dscn0985

Dscn0984_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とりあえずきれいになりました。


Dscn0986

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

27日はここまで。
木沢小学校の校庭に戻ると、会長と校長さんがいらっしゃって、まず「ぷしゅっ!!」をおごっていただきました。
Dscn0987

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このあと「かぐらの湯」に入ってさっぱりし、ヨシマル屋で食材を買って、農園の収穫物とあわせてスローフードでいっぱいやりました。地元のアズマさん、イサムさんも参加してくださいました。

Dscn0991

Dscn0992

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

28日
朝食も自炊
朝からポリフェノールで農作業に備えます

Dscn0994


農作業
たっぷり散水したあとにハクサイを植え付けします。
ハクサイ苗は8月6日ころに播種して育苗したもの。まだ本葉5枚でちょっと小さいのですが植え付けしました。

Dscn0996
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ニンニクとハクサイのセット栽培

Dscn0995
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
植えつけたあと遮光シートで覆いました。(植え付け直後にキツイ太陽光で焼けてしまわないように保護)
月曜日にスタッフが帰る前に遮光シートをはいで帰る予定ですが、うまく根付くでしょうか?
一雨ほしいですね。

このあとニンニク・ジャガイモ・大根・葉物などの植え付けができるように畝を整備して、今回の農作業を終えました。あとの作業は遠山藤原学校の時間に続きます。

筆者のyuponは遠山藤原学校の冒頭で、所要があるため帰宅しました。遠山藤原学校の様子は他のスタッフの皆様UPをお願いします。(スタッフのワイノさんのブログに早速記事がUPされています。http://m-f7ccaa9557856202-m.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-be02.html

帰宅前に熊野さまに詣でて帰りました。
来月も来ます。「ありがとうございました」

Dscn0997


| | コメント (4)

キャベツの苗を育てています

yuponです。

七月10-11日。
木沢農園ではスタッフのワイノさんと、小田原から出動のFさん、それに地元のイサムさんが草刈をしてくださったようです。ご苦労さまでした。作業後の「ぶしゅ~」はおいしかったですか?


僕のほうは、朝から投票に行ったあと、自宅の畑で雨が降りだす前に急いで秋採りのニンジンの種を播いて、午後はキャベツの苗の移植作業をしました。
6月末にプラグトレーにまいた、キャベツ(雪中寒玉、メキャベツ、ブロッコリ)のポットへの移植作業をしました。
Dscn0621


Dscn0622

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ポットは約300できました。
自家用と遠山の木沢農園用です。
自家用の分は、これから約1月育苗してお盆すぎに地面におろす予定です。
木沢農園では、八月末の遠山藤原学校で定植する予定ですが、その間にポットで育ちすぎてしまうかも。
ちょっと心配。

| | コメント (0)

農園 非常事態

yuponです。

イサムさん(信州遠山郷の杣師)のブログhttp://tzq0320.cocolog-nifty.com/blog/で緊急情報がUPされています。
木沢農園周辺に遠山の「若い衆」が出没し、農園にも被害がでているようです。
小田原から藤尾さんが緊急出動され、この6-7日にジャガイモなどをほりあげてくださっているようです。

| | コメント (0)

野菜苗を積んで 遠山郷へいこう

yuponです。

今回の農園作業で植えつける野菜の苗を軽トラに積んで出発の準備をしています。
今回持っていく苗は、早いものは3月中旬ころに自宅の温室内で種まきして育苗したものです。
一粒の種が芽を出して双葉を開いて・・・この苗を遠山の大地におろす作業を皆様と共に!
Dscn0396_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回、長女と一緒に参加します。車の荷台が苗でいっぱいで「お泊り」道具を積む場所が無い!(汗!!)

「木沢飲み」もとても楽しみです。

| | コメント (5)

ラズベリー

yuponです。

5月末にラズベリーの苗を遠山へ持っていく予定です。
友人からもらった苗で、ほんの小さな苗ですが10本ほどあります。
Dscn0067
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クシキミさんに、リユースできるフェンスなどありませんか?と問い合わせたところ、
「ラズベリーの垣根の寸法を教えてください。
だいたいの高さと延長距離と目の大きさをお知らせください。」
というお返事をいただきましたので、このブログの記事にてお返事します。

他のホームページから拾ってきた画像ですが、こんな感じ↓に成長するようです。

Dscf38521

Dscf38921

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あまり垣根の高さがたかくても目障りでしょうから、高さ1・5m(楽に摘み取りできる高さ)でごく荒い目のフェンスで、50cm間隔に一本ずつ植えるとして5mくらいでしょうか。

新品のフェンスじゃなくても体の良いリユース品があれば最適なんですがね。

クシキミさんのご商売柄、遠山農園でリサイクル・リユースできそうな廃資材がいっぱい出るんじゃないでしょうか?

| | コメント (0)

うどの嫁入り

yuponです。

今月末遠山農園に嫁入り予定のうどの株です。


15年くらい前に昔住んでいた村の近所のおばちゃんが、「これを庭の隅に植えときな」と言って分けてくれた独活の苗。2株だったのが今は十数株に増え、もう食べきれないほど芽が出てきます。
Dscn0139
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

切って、水でさっと洗って皮をむいてそのまま、軟らかくて白い芯をぱりぱり齧ってもおいしいです。
ミソをつけてもGOOD!
むいた皮はきんぴらに・・・

てんぷら用です↓
Dscn0142
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こちらは箱で囲って藁をかぶせた軟白栽培。藁をどけて白くて軟らかい芽を食べます。

軟白栽培は1シーズンに2回くらい収穫して3回目に発芽した芽をそのまま育てて株を充実させます。
6-7月ころ「独活の大木」になっても、葉先の新芽は柔らかい。新芽の部分だけ収穫しててんぷらにすると良いです。

月末にワイノさんにうちにとりに来てもらって木沢へ運搬してもらいます。みんなで植えてください。
移植するので、今年は収穫しないほうがいいですが、来年からは春の遠山農園の定番野菜になるでしょう。

Dscn0140

| | コメント (0)

遠山農園の様子

本ブログの前管理人、荒井食堂さんのブログに、遠山農園の4月16日現在の最新の画像がUPされています。
TAIちゃんさま、皆々様、荒井食堂のページにアクセスを!

荒井食堂 観光農園の鑑定
http://araishokudo.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-181b.html


| | コメント (2)

畑のキノコ菌はどうなった?

yuponです。

木沢小学校裏の遠山藤原学校付属観光農園には、3月22日に大谷さん(NPO・21世紀の農学校代表)=(いまごろスペインでルンルンの新婚旅行中)と、荒井食堂くんと、うちの家族で「ブナシメジ」というキノコの栽培後のオガクズ(廃培地)を畑一面にまきました。

なぜ、そんなものを撒いたかという理由については僕のブログの過去記事をご覧ください。
遠山郷の開拓~相を変えて醗酵するために
近いうちにここのブログでも遠山農園の農法についての僕の考えを記事にしたいと思いますが、気になるのはキノコのその後のことです。

オガクズ廃培地ですが、キノコの菌は生きていて、かつオガクズの養分も残っているだろうし、気温も凍るほどは寒くない・・・・となればオガクズからキノコがもう一度生えてくる可能性あり・・・です。

事実、僕の畑では「エリンギ」というキノコのオガクズを畑に撒いて炭素肥料として用いているのですが、これがまたエリンギが出るわ出るわ・・・去年も秋の「遠山の休日」のときにコンテナ3杯ほどのエリンギを木沢に持っていって、みなさんに食していただきました。

ブナシメジは初体験ですので、エリンギと同じような2次発生があるかどうかは疑問ですが、でるならそろそろ菌糸が集まってきてキノコ発生の前触れがあるはずです。

畑に行って観察してみたい!

誰か見てきてくれませんか?

ちなみに去年遠山へお土産としてうちから持って行った「エリンギ」は下の写真のような状態で2次発生しました。
Dscn2735


Dscn2736

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キノコを観察していると、「風の谷のナウシカ」になったような気分です。
面白い生き物ですよ。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧