« 遠山郷から日本が変わる、一期一会のリーダーシップ (5) とりあえずのまとめ | トップページ | お気楽ロハス塾を月の半ばに遠山郷で毎月開講! »

「一期一会」のお庭づくり

今年は、遠山藤原学校研修中に3時間ほどで作れるお庭を、みなさんに作っていただきます。指導するのは造園業が専門の遠山郷スタッフ、久志公洋さんです。

まず完成したお庭の見本は下の写真のようになります。大きさがわかるようにコーヒー缶を置いてあります。

これが一期一会の箱庭、題して『松竹梅』です。

Img_3527_1

先ほどと同じように輪郭と色を強調してみます。ここには型とゆらぎが輪郭と色の両方に入っています。

S_14130_164917_no00

では一期一会の箱庭、『松竹梅』の作り方をご紹介します。

まず2×4の木材を1本用意します。

Img_3541

そしてお好みの寸法に切断して、ビス止めして箱を作ります。
それからそれだけでは味気ないので、ガスバーナーで焦げ目をつけます。

Img_3542

こんな感じに仕上がります。

Img_3525

焦げ目をつけたら、箱の底にビニールを張りつけ土がこぼれないようにします。ビニールはビス止めです。

Img_3558

次にいよいよ作庭です。客土を入れ築山を作ります。使用したのは軽量な市販の培養土です。これで築山を作り、石をのせて岩を組みます。石は遠山郷で各自拾っていただきます。

Img_3555

ここでの基本は石組みの中心はお庭のど真ん中に来ないようにすることです。

Img_3556


石組みができたら、植栽です。遠山郷で各自みつけた小枝などを切ってきます。

Img_3554

植栽といっても枝を土にさすだけです。

今回のテーマは『松竹梅』ですから、松・梅・竹を石組みにバランスよく配置します。

Img_3551

植栽の次はいよいよ仕上げ作業です。

まず、苔を調達します。付近の側溝の脇などでよく見かけます。

Img_3545

ゴミ等を掃除して、霧吹きなどで水分を与えると生き返ります。

こうして少しずつ割って貼付けていきます。

Img_3550

こんな感じです。どうです?側溝の脇にあったときはあんなに汚かったのに、奇麗でしょう!

Img_3549

次はいよいよ総仕上げの砂利敷きです。今回はたまたま在庫で持ち合わせていた赤色の玉砂利を使用しました。

Img_3547_2

最後は霧吹きで水をかけて奇麗にして完成です。

Img_3546

一期一会の箱庭、『松竹梅』

Img_3527_1_2

いかがでしたでしょうか。研修では同じものを作るのではなくて、季節に合わせ、それぞれにイメージをもって専門家の指導のもとに作庭していただきます。

こうして、決してふたつとない自分だけの庭を、自然の中から自分で作ることができれば、それは自分自身にとっても大きな前進になります。型とゆらぎです。

詳しい日程等は本ブログ等で順次公開していきますので、どうぞこの機会に南信州遠山郷で一期一会のリーダーシップを勉強されてください。

(つづく)

|

« 遠山郷から日本が変わる、一期一会のリーダーシップ (5) とりあえずのまとめ | トップページ | お気楽ロハス塾を月の半ばに遠山郷で毎月開講! »

藤原直哉の記事」カテゴリの記事

コメント

 無法な時代に、無法な人物が、自分の無法ぶりに気づき、「恥を知る」瞬間があるとしたら、それはやはり、「この世には、深遠な美意識の世界がある」と認識した時なのでしょうか。
 この世の多くの人々が、美しい町とは、美しい世界とは、美しい生き方とは、と自ら考えるような時代になると、無法も羞恥心に目覚めるかもしれません。
 この箱庭作りも、幼子からお年寄りまで参加可能ですが、本気で取り組めば、いくらでも深い精神性が要求される作品にも通じていると思います。
 昔の政治家は、自ら屋敷や庭園を設計したりするくらいの、東洋美の知性の持ち主も多かったと聞きます。そんな時代の呼び水に、この箱庭作りが、その一歩になるといいですね。

投稿: 佐藤 恵太 | 2014年3月11日 (火) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遠山郷から日本が変わる、一期一会のリーダーシップ (5) とりあえずのまとめ | トップページ | お気楽ロハス塾を月の半ばに遠山郷で毎月開講! »