« 遠山郷を舞台にしたCM | トップページ | 紅葉 »

2011年 10月の遠山藤原学校 

いつものようにスタッフの加藤大喜さんのブログ 好い加減 修行僧 http://www.k-taiki.com/ より、10月の遠山藤原学校の開催記録を転載します。

平成23年10月31日・記
       遠山郷藤原学校の10月

          10月29日~31日

 10月29日の中央道・上り線の高速道路は本年一番の混みようでした。
 その他の路線から来られた方も、渋滞こそなかったようですが、混んでいたと一様に口にされておられました。

 御蔭さまで遠山郷への観光客も多く、下栗の里、しらびそ高原への道路は大渋滞とのことでした。 下栗の里への曲がりくねった道には地元の方が駆り出されて様です。

 10月31日、月曜日も午前中から旧木沢小学校への訪問客は途絶えることがありませんでした。 このところシニアーの旅は月・火・水とのこと。

    1029tooyama1      

  ↑そんな中、29日某大学生も観光農園まで15人ほど見学です。
 
 サトイモ掘りをしてもらいましたが、腰が据わらず危ないことしきりです。
 最後にパフォーマンスの一つもして帰りなさいと言うとこのポ-ズでした。

 一気に夜の部とします。

       1029tooyama2   

     ↑新メンバー結成「遠山シニアー、しし鍋、男性コーラス」

 
  そして、翌日は写真教室を兼ね、地蔵峠・紅葉へ

            1029tooyama3  

        ↑旧木沢小学校を背景にして、手前ピラカンサ

    1029tooyama4 1029tooyama5 1029tooyama6 1029tooyama7

                  

   1029tooyama8     

 1029tooyama10_2

            

               

  ↑国有林などでは火は焚けないということですが、そこは許可をとり、
 オヤツと称して生の熊肉、上物鹿肉、マトン、鶏肉のバーベキューです。

             1029tooyama9

    ↑山作業の休憩小屋では、ストーブが焚かれていました。

     1029tooyama11

                  ↑記念写真を一枚

        1029tooyama12  

   ↑腹が収まったら元気が出て、春の遠山藤原学校の定番コースの一つ「中央構造線の安康露頭」まで足を伸ばしました。

 10月31日の農作業

 愛知県岡崎市からのお客様が、ご自分で手植えし、手刈りし、天日干し、そして脱穀した稲藁を2トン車一杯運んできていただきました。

 遠山藤原学校のスタッフが「藁草履教室」をするという計画からです。

1029tooyama14

             

      ↑3人で運びましたが、半端な数ではありませんでした。
農機具等の小屋の軒下にも吊るしましたし、小屋の中も整理し積み上げ。

   当日の気温は最高23度、汗ビッショリ、最後は肌着一枚です。

   これまでの経験からすると3年分以上の量です。いや5年分かな?

 以前購入した稲藁は気にしながら使っていましたが、これなら思いっきり利用できます。 畝のみならず通路にまで敷き詰められる程です。

 その稲藁は青々として良い臭いを発しておりました。地元の方が『良い稲藁だ、これなら小屋の中に入れておけば正月用のしめ縄作りに使える』と言われました。

 遠山郷の田圃はほんとに僅かな土地しかありません、正月に地元の方に御利用していただけるなら嬉しいことです。

      1029tooyama13    

  ↑押切もご持参いただきましたので、切り藁をしてストックしました。

 2日目、10月30日は一時小雨に出会いましたが、今回も有意義で楽しい時間を過ごせました。 

 夜半は雨でしたが、10月31日は朝から晴れて気持ちの良い汗流しました。
   

|

« 遠山郷を舞台にしたCM | トップページ | 紅葉 »

TAIチャンの記事」カテゴリの記事

遠山藤原学校『開催記録』」カテゴリの記事

コメント

皆様こんにちは

遠山に寄せていただくようになって3回目の秋になりますが写真教室に参加したのは実は初めて
科学の進歩で宗教家の言葉が解き明かされて行く時代ですがなんとなく疎遠になりがちの芸術について
自分なりの解釈の第一歩になればよいのですが
遠山でも31日は晴だったようですね
地元姫路も朝から夜の雨がうそのような快晴
それにしてもバイク通いの当方にとりましては天気は
気になるところですが帰りにピンポイントで雨に降られるパタ-ンが非常に多いです
今回も恵那峡辺りから本格的に降り出して小牧辺りからはかなり強い雨足に
まるで滝に打たれて修業しているみたいです
最初はまったく毎度毎度と不満が頭に充満するのです関ヶ原を過ぎるころからはがだんだん気にならなくなり京都あたりからは逆に頭が空っぽでなんとも心地よい気分になりました
こんな感覚は初めてです
雨に6時間ほど打たれていますと感じるものもあるのですね
生活に生かせればよいのですが
自然の条件を相手にしていると自分でも思ってもいない境地
のようなものに思いがけず出会うことがあります
こんなことがあるのでバイクは楽しい

 林 芳弘 拝

投稿: 林 芳弘 | 2011年11月 3日 (木) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遠山郷を舞台にしたCM | トップページ | 紅葉 »