« 8月の遠山藤原学校記録 ワイノさんのブログから | トップページ | 10月29日(土)~30日(日)は南信州遠山郷へお越しください »

中央構造線の露頭を見つけました

日本列島を東西に走る大断層、中央構造線の露頭を遠山郷でみつけました。

(勝手に)名付けて、「小道木露頭」です。小道木地区にあるからです。以下の小道木露頭の写真は、岡本誠さんからいただきました。ありがとうございます!

P8280537

断層が幾重にも走っています。一番下の薄緑色の地層が粘土質の地層です。

P8280538

P8280542

上の層が堅い砂岩のような層で、下が薄緑色の粘土質の層です。この粘土質の岩は乾いているとカチカチに堅いのですが、水に浸ると柔らかくなって弾力性が出てきて、さらに水に浸ると粉になってしまいます。青崩峠で見る青い地層、とにかくボロボロ崩れてくる地層はこれだと思います。写真で見ても見事に地層が上下で違っていますでしょう。

P8280548

このように指で押すと弾力性があって、岩が粘土となってへこみます。地下水が浸っているのです。この緑色の岩を取りだして水たまりの中に入れると粉になって溶けてしまいます。

2011083111040000

それからこの写真は中央構造線ではなくて、静岡県浜松市天竜区水窪にある、飯田線相月駅近くで見つけた大規模な土砂崩れです。よく見ると写真右側は緑色の地層です。崩れた場所の右と左で地層が違います。左側は風化した花こう岩という感じでした。遠山郷やその周辺は地層が非常にダイナミックなのです。

|

« 8月の遠山藤原学校記録 ワイノさんのブログから | トップページ | 10月29日(土)~30日(日)は南信州遠山郷へお越しください »

藤原直哉の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8月の遠山藤原学校記録 ワイノさんのブログから | トップページ | 10月29日(土)~30日(日)は南信州遠山郷へお越しください »