« 荒 | トップページ | 凍り »

谷の奥にある集落

遠山郷の細い谷。その細い谷をずっとたどっていった先に集落がある、そういう場所が何か所かあります。

Dscn2618 

昔は霜月祭りも行われていた神社がひっそりとたたずんでいます。ここは鎌倉権五郎影政が白鳥に乗ってやってきたという伝説がある地区です。

Dscn2622

大変立派な石垣が残っています。恐らく大変立派な家が建っていたのでしょう。

Dscn2621

今は植林されていて林の中に眠っています。

Dscn2631

ここはまた別の場所です。池口の集落を過ぎてさらに登って行ったところ、池口岳の登山口に遠山山の会が運営している避難小屋があります。このあたりの標高は1千メートルを超えていて、谷の向こうに木沢地区の小嵐神社が見えます。

|

« 荒 | トップページ | 凍り »

藤原直哉の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 荒 | トップページ | 凍り »