« 熊野本宮 | トップページ | 8月15日 »

熊野から高野山へ

午後1時を過ぎたころ本宮を後にしました

何度となく訪れたい場です

今度はもう少し長い距離の古道にもチャレンジしたいです

また延々と続く山道を高野山に向け走ります4時過ぎに到着しました

途中標高1000メ-タ-を超える山々を超えて行きますが

標高の高い山の上は小雨、どしゃ降りを繰り返します、おかげでこちらはずぶぬれ

霧もひどくて前がよく見えません各車安全確保のためハザ-ドランプを点滅させて

ゆっくりゆっくり走ります

P10004371

今回は奥の院にだけ立ち寄りました

戦国時代から江戸時代に活躍した武将のお墓などが並んでいます

やはりここは別物です

なんとも言えない張りつめた空気が漂います

足を踏み入れると写真撮影は不謹慎と思いますので入口写真のみですが

P10004391

帰りに大門を写してきました

左端に手を合わせる方がいらっしゃいます

その大きさがよくわかります

本格的に行くのはまた次の機会に

歴史も勉強してからでないと

吉野までなら姫路からゆっくり走って3時間

高野山はプラス1時間ぐらいで行けそうです

熊野は険しい山々が立ちはだかりますのでバイクを走らせても

時間短縮は不可能です、やっぱり日帰りは無理かな 

 林 芳弘 拝

|

« 熊野本宮 | トップページ | 8月15日 »

中央構造線蓄える楽しみの旅」カテゴリの記事

コメント

高野山も小学校の「林間学校」でしか行ったことないので
大人の目でもう一度じっくりみてみたいですね。
いちおう真言宗のお寺の檀家なので(本山は長谷寺)・・・たぶん、来年以後しか行けないと思いますが

弘法大師空海というのは本当に謎の人物ですね。

投稿: yupon | 2010年8月16日 (月) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熊野本宮 | トップページ | 8月15日 »