« NSPの長岡まつり大花火大会観覧ツアー | トップページ | NSPポッドキャスト番組:第24回 ―幸せのかたち(3)― »

NSP賛助会員募集・寄付金のお願い-NSP の活動・国民大集会@武道館開催へのご賛同・ご支援いただく制度です-

関係各位殿
当フォーラムの趣旨にご賛同いただける皆様

拝啓 あっというま間に梅雨入りとなり雨模様が続いておりますが、
お元気にお過ごしでしょうか。

私どもNPO 法人日本再生プログラム推進フォーラム(NSP)は、
わが国の経済が真に活性化するためには新しい思想と技術のもとに

まったく新しい日本の都市と田舎をつくり直すことが必要と考え、
平成15 年10 月に発足いたしました。
そして、平成21 年11 月末より現体制となり、
偉大なる共生社会の創造を理念として、
戦略的低エネルギー社会の実現を目的に5 本柱の研究会

・スピンアウト研究会

・組織のリーダーシップ研究会

・地域のひな型研究会

・中小零細企業研究会

・都市再生研究会

を中心とした諸活動を通じて、最善の努力を続けています。

当フォーラムの活動記録につきましては、
下記のURL に掲載しておりますのでご高覧いただければ幸甚に存じます。 http://www.fujiwaranaoya.com/Nipponsaisei/Summary201202.pdf

本格的に活動の船出を果たしてから3 年目となり、
今後もより一層実践的なNSP の活動の充実と発展、
あわせて会員相互の情報交換、親睦と交流を深めるとともに、
当フォーラムの目的達成に向け、全国から関心を持っている人を
武道館に集まっていただき、草の根からの知恵と行動力を結集したいと願っております。

このような趣旨から、去る平成24 年6 月10 日の臨時総会におきまして、
今までの会員制度に加えて、賛助会員の制度を設け、
より多くのみなさまからご加入いただくことができるようになりました。

ここに当フォーラムへの積極的なご加入をお願いする次第であります。

みなさまから寄せられた貴重な会費は、
武道館での国民大集会開催実現に向けた活動費としても、
役立たせていただきます。

私たちの理念が日本全体に根付き広がっていくために、
寄付金控除認定NPO 団体(寄付金税制上の優遇装置あり)として
認定を受けるための申請準備も進めております。

NSPの活動を持続していけるよう、想いを同じくする個人、法人、企業の
みなさまのご支援を心よりお待ちしております。

賛助会員へのご加入に際しましては、
誠にご面倒ながら下記のURL「賛助会員入会・寄付金申込書」に
お名前等必要事項をご記入の上、当フォーラム事務局宛にFax(03-5420-5033)、
E-mail(staff@nipponsaisei.jp)、または郵送にてご提出ください。

賛助会員入会・寄付金申込書:
http://www.fujiwaranaoya.com/Nipponsaisei/supporter201207.pdf

正会員入会・寄付金申込書:
http://www.fujiwaranaoya.com/Nipponsaisei/member201207.pdf

皆さまからの深いご理解と暖かいご支援を心より願っております。

本件に関するご質問などございましたら、
当フォーラム事務局樋口までご連絡いただけますようお願いいたします。

末筆ながら、みなさまのますますのご活躍をご祈念申し上げます。
敬具

平成24 年7月吉日
NPO 法人日本再生プログラム推進フォーラム
理事長 藤原直哉

<募集対象> 賛助会員募集の趣旨に賛同する個人・法人を対象としています。
<会員期間> 年単位
<年会費>    個人賛助会員 3,000 円以上~ 法人賛助会員 5,000 円以上~
<特典> 
 ・会員限定メーリングリストを定期的にお届けいたします。
 (藤原理事長・事務局からのお知らせ)
 ・勉強会、研修、イベント参加時の参加費のご優待をいたします。
 ・当フォーラム主催の総会、全国交流会など全体イベントのプログラムや
    各種印刷物に御芳名を掲載いたします。(希望制)

<入会申込&年会費振込方法>
ご入会・寄付金のお申込みは、「賛助会員入会・寄付金申込書」または、
「正会員入会・寄付金申込書」を事務局にご提出いただくとともに、
年会費・寄付金を当フォーラム指定口座まで
お振込みお手配いただきますようお願いいたします。

【振込口座】

三井住友銀行 日比谷支店

普通 8109166

特定非営利活動法人 日本再生プログラム推進フォーラム

(トクテイヒエイリカツドウホウジン ニホンサイセイプログラムスイシンフォーラム)

※お振込み手数料はご負担くださいますようお願い申し上げます。

※8月上旬よりゆうちょ銀行口座開設予定

●賛助会員入会・寄付金申込書お問合せ先●
NPO 法人日本再生プログラム推進フォーラム(NSP)
事務局(担当:樋口)
〒250-0011 神奈川県小田原市栄町2-13-12 ASUKA ビル2F
Tel&Fax:03-5420-5033 E-mail:keiko@nipponsaisei.jp

« NSPの長岡まつり大花火大会観覧ツアー | トップページ | NSPポッドキャスト番組:第24回 ―幸せのかたち(3)― »

ニュース」カテゴリの記事

事務局からのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

【日本の解き方】あまりにヒドい政府の“日本再生戦略”―【私の論評】今の政府や政治家は、自分の頭の上のハエを追えない人が、他人の世話を焼いているようなもの、自分がやるべきことに専念せよ!!

ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

こんにちは。政府が"日本再生戦略"として、2020年までに環境や医療、観光など11の戦略分野で38の重点施策を掲げ、630万人の雇用を創るとしています。しかし、成長する産業は、政府はおろか、優秀な民間企業でさえ、見抜けないことがあります。たとえば、あのNOKIAです。NOIKIAは、実はiPhone、iPadのような製品をAppleに先駆けて開発していましたが、市場に投入する時期を間違え、株価が落ち込み、数千人の従業員が職を失う事態に陥りました。民間企業ですら、こうですから政府が成長する産業を見極めることなどほとんど不可能です。政府の役割は、新産業などが生まれやすいように、経済活動が活発になるように、法律を整えるだとか、規制を撤廃したり強化するとか、公共工事をするとか、安全保証などをして、いわゆるインフラ(基盤)を整えることです。このようなことを忘れて大失敗したのが、かつての社会主義国であり、福祉国家です。これらは、大失敗しているにも関わらず、今の政府は、自分の頭の上のハエも追えない人がやる必要もない他人の世話を焼いているようなものです。そんなことをしないで、本来自分たちがやるべき仕事に専念しろと言いたいです。詳細は、是非私のブログを御覧になって下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NSPの長岡まつり大花火大会観覧ツアー | トップページ | NSPポッドキャスト番組:第24回 ―幸せのかたち(3)― »

フォト

NSPtwitter