« 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2016年1月20日 株価リンク内閣の行く末 | トップページ | 第10回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会 2016年1月23日 時事情勢 認定NPO日本再生プログラム推進フォーラム理事長 藤原直哉 »

2016年1月19日 (火)

藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2016年1月20日 他人がいないと自分を定義できない人達

他人がいないと自分を定義できない人達

|

« 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2016年1月20日 株価リンク内閣の行く末 | トップページ | 第10回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会 2016年1月23日 時事情勢 認定NPO日本再生プログラム推進フォーラム理事長 藤原直哉 »

コメント

普通私たちは、
他人の評価、
つまり、
“相対的な価値”に流されがちです。


学生であれば偏差値とか、
社会人であれば、給料、会社の名前、肩書き、職種とか、
要するに、形あるものですね。


それらは、ある意味、自我的なもので、
信じ込まされてきた、
というのがあるかと思います。


現に、今も、
広告とかを見ていると、
そんなのばっかりです。


自分自身の姿を省みることがなければ、
当然、流されてしまうのが普通です。


でも、その一方で、“絶対的な価値”というものがあります。


天だとか、神だとか、
絶対的なもの。
揺れないものです。


良心とか、道徳のようなもの、
といってもいいかもしれません。


あるいは、
私は、周りの人からどう言われようが、
こう生きるんだという、
生きる指針のようなもの。


価値判断の基準のようなもの、
でしょうか。


天命といっては大げさかもしれませんが、
自分自身の中の基軸、
役割、
そういったものを自覚して、
残りの人生を生きていけたらいいなあ・・。


自分自身の真の姿というか、
身の丈というか、
実相というか、
そうしたものからズレないで、
自然体で、成り立つような、
生き方ができたらなあ・・・


と思う今日この頃です。


投稿: ぞうさん | 2016年1月19日 (火) 21時58分

こんにちは

新自由主義=金
新保守主義=鉄砲玉
二元論=人間牧場の折の中

牧場主の未来は???

紀元前4000年と言うと神話の世界に成るのか?
古代バビロニアから西欧文明が出てきたようですね。
それ以前は北欧に土着宗教(自然崇拝)が在ったらしい。

日本では1万2千年前から竹内文書が口伝として残っているそうです。
先代旧事本紀は竹内文書と同等に古い口伝を編纂した物のようで聖徳太子が後世に残すために神社の芯柱の下に埋めた。とか?
曽我氏、物部氏などの豪族に伝わる神代文字で書かれた秘伝書を編纂した。

先代旧事本紀の動画は何度見ても面白い。
西や東、南の民族とは起源が違うことを忘れるな。
と何回も出てくるそうです。

昆虫が進化した化石が無い。
不思議系の話を真面目に考えると未来の扉の開け方が隠されているようです。

アデン湾の海賊退治と言うことで今も自衛隊が活動していますが、不思議系の話で今の人類には打つ手が無い様な実態のようです。
日本には同じような場所が戸隠に在るとか?
皆神山も地質的には不思議な山ですね。戸隠も近いし。

西欧文明の科学の常識で考えても何も解らないので神話とか迷信で終わらせてしまう。

日本の神様の名前も色々在りますが、○○の命(肉体がある)○○の尊(自然の摂理)と言うことのようです。
神様も役割分担をしているのですが、名前で区別が付くそうです。
○○の命と言う名前は肉体を持って実在した西欧で言う所の「天使」の様な存在らしい。

パワースポットとか神社巡りとか流行っている様うですが、何処に居ても神様と向き合うことでパワーを頂けるとか?
その前に自分と向き合う事が必要ですが、意外と大変な作業ですよ。
正に自分と天の隔たりを自分で探し出す作業です。

古代バビロニアではマネーが発明されました。
映画の台詞の様にマネーを使うことを止めないと次の進化は起きないのかも?

ロハス社会への転換は進化の最初なのかも?

投稿: kazu | 2016年1月20日 (水) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2016年1月20日 株価リンク内閣の行く末 | トップページ | 第10回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会 2016年1月23日 時事情勢 認定NPO日本再生プログラム推進フォーラム理事長 藤原直哉 »