« 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2015年6月3日 バブル崩壊で起きること | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2015年6月10日 国会議員の3分の1が日本会議 »

2015年6月 2日 (火)

藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2015年6月3日 地方から始まる日本再生

地方から始まる日本再生

|

« 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2015年6月3日 バブル崩壊で起きること | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2015年6月10日 国会議員の3分の1が日本会議 »

コメント

こんにちは藤原様、コンパクトシティを誤解されている様です。

コンパクトシティ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3

国が音頭を取る前に富山が実践したと記憶しております。
誰からそんな発想が出てきたのか疑問に思い調べたことがありました。
辿り着いたのは、この方でした。
http://oilpeak.exblog.jp/

冠日本海経済圏と言う話も富山が中心に進めているようですし、余所者とのコラボレーションに関しては電源開発と当時の新エネルギーである電力を求めて日本中から様々な業種企業が移転してきました。

外に出て富山を見つめなおすと結構面白い歴史が在る事に驚かされます。

皇祖皇太神宮が在り、鉄隕石と思われる叩くと鐘の音がする石も存在します。
富山湾の海底調査から元は立山連峰から富山湾までの山肌が在っただけの可能性が高いと言う結論になったようですが、皇祖皇太神宮に所に隕石が衝突した。と考えると山肌にクレーターが出来て山に囲まれた富山の地形が説明できます。
その後は扇状地として富山平野が形作られ、流れ出た土砂が堆積したので海も急に深くなる。

神話の世界まで歴史を辿っても面白い場所です。

子供の頃はNHKで全国の天気予報で「続いて、裏日本の天気です」と言っていて「表日本」って何処だろう?と思っていたものです。

日本の裏とか表とか言っていたのは昭和の時代ですが、縄文時代の表は何処だったのかな??

投稿: kazu | 2015年6月 2日 (火) 18時55分

こんにちは

暴走族も富山が最初です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%B4%E8%B5%B0%E6%97%8F

カミナリ族の前は富山新港の1km弱の直線道路を使い自動車加速性能試験の0-400mタイムレースを行って居たのが最初です。(参加者から聞いた話)

1918年米騒動
http://ja.wikipedia.org/wiki/1918%E5%B9%B4%E7%B1%B3%E9%A8%92%E5%8B%95

今の時代とオーバーラップしますが、時代の変化には敏感に対応する土地柄なのかな?

高岡市には大仏が在りまして鎌倉大仏と同じ程度なのかな?
子供の頃から見ているので気にもしていませんでした。
(地元の凄い事を発見するために他所から来た人が必要に成る訳ですね)
400年ほど前に加賀藩が職人集団を誘致したのが始まりです。

幌を掛けた緑色のブルドーザーが運ばれるのを見たり、北朝鮮の拉致事件の現場で釣りをしていたり、「何で捜査できないんですか」と言う怒鳴り声を聞いたり、ゴムボートを見て釣具屋に逃げ込んだりとホットな話題を実体験しています(笑

ブルトーザーは小松製作所から富山新港へ移送される物です。ベージュ色の模様を書けば迷彩塗装の完成。大砲を付けると何になるのか??

経団連が武器輸出の解禁を迫る訳です。
何を今更、70年代から続く話じゃないの??

東京の銭湯は富山出身の人が多いそうで、風呂屋にケロリンの風呂桶が在るのは、置き薬との地縁からだそうです。
(富山でもケロリンの風呂桶でしたが)

投稿: kazu | 2015年6月 2日 (火) 23時56分

こんにちは

藤原さんの口調が気になり富山の事を調べてみました。

貴族院の御子息が居たとは知りませんでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%98%E6%85%B6%E4%B8%80%E9%83%8E

相本さんが選挙に出たことは知っていました。地元のラジオ・テレビでは有名人ですから。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%9C%AC%E8%8A%B3%E5%BD%A6
高岡市長選で橘と争った向井英二も、7月18日付の自身のブログに「相手の誹謗・中傷をさも得意げに発信している陣営がいる。かって、小生も犠牲者になった。」

県議会議員の経歴で団体役員と言うのが目に付きましたが、何処も同じような状況なのかな?

経団連の下請け叩きとか製造業の派遣労働解禁、武器輸出の容認など新自由主義の時代になって思うことは

資本主義って金をクッションにした略奪・奴隷制度(西欧文明??)じゃないの??

奴隷を止めたヨーロッパがEUを作りアメリカ金融と手を切ろうとしている話などは、歴史は繰り返す。を見ている感じがします。

JAL123便の墜落事件とプラザ合意。
3.11と第2次安部内閣。

何だか同じ構造に見えてくるな。

爆発した3号機1機でチェルノブイリの75%のウランが入っています。事故当初の非難区域が60k圏内?
チェルノブイリは半径500km程の汚染地域なのに??

3号機が爆発した時点で半径300kmは非難区域に成っても不思議ではないのだが・・・

原発関係の資料って霞ヶ関と同様に大量の資料の中に埋まっていて探すのが大変。

原発反対の学者からも指摘が無いのは何故??

投稿: kazu | 2015年6月 4日 (木) 21時24分

藤原さんがどんなに日本再生戦略を力説しても、
現時点で4年以上に渡って放射性物質物質がだだ漏れ状態の、
原発が放置状態になっているこの日本の地に、
新しい日本を再生することは不可能です。

投稿: 絵里 | 2015年6月 6日 (土) 10時33分

いわゆるスレチになるかもしれませんが、こういう考えをしてみましたがどうでしょうか?

ギリシャの財務危機、fifaの腐敗とスポーツ振興の信仰。 
オリンピックは古典的種目はギリシャに固定。それでトレーニングやら、観光収入でやっていけるんじゃないでしょうか。歴史的価値を生かす好例に。 それはそれで腐敗が生まれるかな?

投稿: しろうと | 2015年6月 6日 (土) 13時15分

こんにちは

60年安保って何だったのだろう??

安保闘争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E4%BF%9D%E9%97%98%E4%BA%89
池田勇人内閣は所得倍増計画を打ち出し、社会党も経済政策で対抗したため、安保闘争の影は薄くなっていった。

自由民主党 (日本)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A_%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%29
太平洋戦争(大東亜戦争)前の二大政党・立憲政友会と立憲民政党、戦時中の翼賛政治の中核を担った会派である翼賛議員同盟と翼賛政治会と大日本政治会(以上3会派は日本進歩党の前身)及び翼賛政治に批判的な会派である同交会(日本自由党の前身)と護国同志会(日本協同党の前身)、また敗戦直後に結成された日本自由党と日本進歩党と日本協同党の流れを汲む。

米国支配下の日本
http://kamogawakosuke.info/2015/06/02/no-1113-%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E6%94%AF%E9%85%8D%E4%B8%8B%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC/
(昔のアシストコラム。ビル・トッテンさん)

ビル・トッテンさんのコラムを読んでいて60年安保って何??とおもって調べてみました。

自民党って戦争を始めたい人が沢山居る政党として誕生したようですね。

所得倍増(金)で世の中丸く収まった。

金で治めて金で潰す。と言う話は随分と長い時間を掛けた話だと思っていましたが、田中角栄が金を配る政治を始めるまでの10年程度で変わったとも思えるのですね。

多くの人が餓死する。とも思える話も在ったと思いますが、金の幻想から抜け出せずに居ることが餓死とも言える様な気がします。

戦後の歴史は教科書に申し訳程度載っていても「試験に出ませんから各自自習」と言う決まり文句で終わり。

目先の金を選んで結果として戦争を選んでいるのかな?

原発の話は何とも不思議な話ばかり。
1,2,3号機の燃料が行方不明ですが、チェルノブイリの2倍の量があるのです。
広島原爆の純度に換算しても20000発分。
それで廃炉作業をしている??

事故調査報告書も人的な事柄が中心で自然現象としての現象に関しては記述が皆無に近いし、最終報告書で削除されている「オレンジ色の閃光」
自然現象は万人に平等で嘘をつくことは無いですから、冷徹に検証する必要が在る様に感じます。

燃料を満載して運転していたのなら誰にも解決は不可能にも思えますが、汚染の具合から考えると運転規定の通りに燃料を満載していたとは思えない。

被災者の方々の心情はよく理解しているつもりですが、冷徹に見直したほうが解決が早いように感じます。

チェルノブイリの2倍の燃料が行方不明なら日本列島に人が住めるのか??

投稿: kazu | 2015年6月 7日 (日) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2015年6月3日 バブル崩壊で起きること | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2015年6月10日 国会議員の3分の1が日本会議 »