« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2015年3月4日 自立と協調で作る未来 | トップページ | 対談 地方から始まる日本再生-ITが変える新しい行政と住民の関係- 2015年2月27日 千葉市長 熊谷俊人さん ・ 認定NPO日本再生プログラム推進フォーラム理事長 藤原直哉 »

2015年3月 4日 (水)

土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2015年3月4日 腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術「youjyou150304.mp3」をダウンロード

・毎月開催 土橋重隆先生による「健康管理やりなおし倶楽部(新橋)」はこちら

Bn_kiecho300_250

|

« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2015年3月4日 自立と協調で作る未来 | トップページ | 対談 地方から始まる日本再生-ITが変える新しい行政と住民の関係- 2015年2月27日 千葉市長 熊谷俊人さん ・ 認定NPO日本再生プログラム推進フォーラム理事長 藤原直哉 »

コメント

こんにちは土橋先生。

腹腔鏡下手術には特別な思いがあったのですね。
最近では遠隔操作ロボットの開発がホットな話題のようです。

数年前から町工場にも腹腔鏡用のカンシや鋏と思われる開発案件が盛んに聞かれるように成りました。

ですが、あのTVカメラで大丈夫なんでしょうか??

人間の目は凄い能力が在りまして今の電子機器では桁違いに低い能力のものしか世の中に存在しません。
それに目玉が2個ある事も大切なのですが、こちらの方は光学系すら販売されていません。(この部分の特許料を先日払いました)

先生が言われる様に、体力があるのなら開腹手術の方がリスクは少ないのでしょう。

投稿: kazu | 2015年3月 8日 (日) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2015年3月4日 自立と協調で作る未来 | トップページ | 対談 地方から始まる日本再生-ITが変える新しい行政と住民の関係- 2015年2月27日 千葉市長 熊谷俊人さん ・ 認定NPO日本再生プログラム推進フォーラム理事長 藤原直哉 »