« 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2015年1月7日 ブラックホールの蒸発 | トップページ | 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2015年1月7日 革命的な生き方 »

2015年1月 6日 (火)

藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2015年1月7日 埋もれたカネと力を表に出すとき

埋もれたカネと力を表に出すとき

|

« 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2015年1月7日 ブラックホールの蒸発 | トップページ | 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2015年1月7日 革命的な生き方 »

コメント

藤原直哉 様

 何か放送を聞かせて頂いて率直に感じたんですが、・・・。正直、藤原先生見通しが甘いんじゃないですか???
 今後これから世界の資本主義が完全に終ろうとしているんですよ。。。だからさあ、日本だけ円高になって助かるからいいとかさあ。。。世界経済が正に終わろうとしてるのに、おめおめと日本だけ世界から経済上、逃げおおせるとでも思ってるの???世界経済はつながってるんでしょう???埋もれた金って何???徳川埋蔵金でも眠ってるっていうの???性懲りもなく、お金で何でも解決できるとでも、いまだに思ってらっしゃるんですか???無からお金のエネルギーを生むという考え方は金融詐欺師の考え方そのままじゃないですか???終わりの儀式って何???ルシファでも本当に現れるっていうの???
 日本人の心は御承知のようにお金に毒されて完全に荒廃してしまったんですよ。。。未来を創れるリーダーなんて日本に今一人もいないのが現実なんですよ。。。
 一番大事なことを見ないでいるのは、あなたの事ではないですか???

         エド

投稿: エド | 2015年1月 6日 (火) 20時13分

藤原直哉 様

 済みません。ひどいことを言いすぎました。
お許しください。申し訳ありませんでした。

       エド

投稿: エド | 2015年1月 7日 (水) 23時01分

藤原直哉 先生の

おっしゃる通りです❗️❗️❗️

日本には、

大企業の内部留保

かなり少なくなったとはいえ、

年金基金GPIF,

銀行預金,郵貯,簡保,農協貯金・・・

さらに、

高度な技術を持った人材

海外に比べ、美しい都市と農村

日本人という、ある種、

徹底的で完璧主義的な考え方と行動力

そして、何より

戦国時代に鉄砲の火薬の為に輸出した金

明治維新の折に英米仏蘭に流出した金

1$=1円で大量に流出した1円金貨

日清で奪い、日露で奪われた金

に対して、

第二次世界大戦でアジア中から集めた

金銀財宝 Golden LilyとかM資金

ドイツがヨーロッパ戦線各国から集めた金=Black Eagleも含めて、


日本には、事実、数多くの資金が

眠っている❗️❗️❗️

投稿: 救世主 Messiah | 2015年1月 8日 (木) 03時39分

エドさん今日は
なんのあなたの云われる様に無責任が横行しています
それも新聞とかNHKにいたるまで..。
このような辰は藤原さんの云われる平時ではない、時代の
変わり目でありせめぎあうとき、瀬織津姫が表に現れて
われわれに次の時代に向って準備をうながしているように
おもわれます。
以前から云われているように人間同士が餓鬼のように食い物をあさる時代も目のまえだし
明るい未来もそこにある。
元気を出して下さいね

投稿: 杉原大路 | 2015年1月 8日 (木) 07時17分

杉原大路 様

 励ましのお言葉、心より感謝申し上げます。
本当に明るい未来を見出して行きたいですね。
 これからもよろしくお願い致します。

        エド

投稿: エド | 2015年1月 8日 (木) 08時31分

明けましておめでとうございます。

仕事の都合で10日は参加できませんが、投資銀行の金利に関しては「単利」にするべきだと思います。(利率100%でも可能)

複利にする事で説明を受けたとしても融資を受けた側が納得しているのか?

今の金融システムは「ユダヤ金融」とも呼ばれ、高利貸しで実物資産を奪うための工夫が満載。その一つが「複利」人間が直感的にイメージできない数学です。

資本主義だろうが地域通貨だろうが貨幣経済だろうがマネーを扱う事には変わりは無いわけで、共通する問題点はマネーの流通が鈍ると経済が縮小する。(貨幣経済の宿命)

銀行の5年定期で得られる金利額の5倍ていどの見返りが期待できれば投資の意欲も高まると思います。

ただし、事業で赤字が出て投資額の80%を割り込むと事業解散。
投資者には元金の80%が返済される。(80%が90%でも可能)
予定返済期間を過ぎても返済不可能なら、要相談で返済期間延長か清算か?(ここが与信の精度を高める場所でしょう)

金融システムに精通した方の発想では「複利」が当然と思われるでしょうが、新事業を起こす者は金融システムを熟知していない。

両者とも熟知している「単利」にする事でフェアーで明快な金融システムが出来るように思います。

「マイクロファイナンス」の幻想と真実
http://toyokeizai.net/articles/-/13572

インドを襲うマイクロファイナンスの悲劇、借金苦で貧困層の自殺多発
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LE4EIB1A74E901.html

マイクロファイナンスと言っても「複利」だったのでは?
「複利」が金融を破綻させる原因と強く思います。

投稿: kazu | 2015年1月10日 (土) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2015年1月7日 ブラックホールの蒸発 | トップページ | 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2015年1月7日 革命的な生き方 »