« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2014年11月12日 政治の新しいリーダーシップ | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2014年11月19日 最大の争点は原発再稼働 »

2014年11月12日 (水)

土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2014年11月12日 手術の基本

現代医療と未来の医療「youjyou141112.mp3」をダウンロード

・毎月開催 土橋重隆先生による「健康管理やりなおし倶楽部(新橋)」はこちら

Bn_kioku_300_280_2

|

« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2014年11月12日 政治の新しいリーダーシップ | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2014年11月19日 最大の争点は原発再稼働 »

コメント

こんにちは土橋先生、外科の基本は解剖学と生理学ですか。

非常に良く解る話ですね。
アメリカの海外派兵で空輸機の中で手術をしてしまう軍用機があるそうです。
こんな話を聞くと西洋医学=戦争医学と思ってしまいそうですが、モルヒネ等は日本でも普通に使われるように成りましたね。

高齢化社会で「癌」以外でも形成外科的な手術を受ける機械があると思いますが、手術の前日に外科医と「麻酔科医」が患者の元を訪れるのは何故?

外科医が訪れるのは普通の人でも理解できますが、「麻酔科医」は何故・患者の元へ訪れるのでしょうか??

術後にモルヒネを処方するのは内科医??

その辺りの話も聞きたいなと何時も感じています。

投稿: kazu | 2014年11月13日 (木) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2014年11月12日 政治の新しいリーダーシップ | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2014年11月19日 最大の争点は原発再稼働 »