« 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2014年8月6日 ネオコンの悪あがき | トップページ | 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2014年8月6日 西洋医学と代替療法 »

2014年8月 5日 (火)

藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2014年8月6日 新しいリーダーシップと新しい政治

新しいリーダーシップと新しい政治

こちらからダウンロード

ワールドレポート

毎月2回開催、新橋藤原学校

藤原直哉のツイッター

NPO法人日本再生プログラム推進フォーラム

|

« 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2014年8月6日 ネオコンの悪あがき | トップページ | 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2014年8月6日 西洋医学と代替療法 »

コメント

こんにちは

社稜体統

自治農民協議会の綱領は

政治的には我が社稜体統公同自治を確立す
経済的には我が共存互済の原則により農を本とし衣食住物資の充足に努む
教育は人の性能を甑養するを以て目的とす
外交は彼我協和の主旨を重んじ有無疏通を以て目的とす

権藤 成卿
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A9%E8%97%A4%E6%88%90%E5%8D%BF

漢字を探すのにも一苦労(笑)御参考まで。


ウィキリークスから考える西欧文明の将来
http://p.booklog.jp/book/23349

無料、32ページ、PDFデータ・ダウンロード可能

人のウワサも何とやら。で、次々と過去の不都合を忘れさせる雑情報が溢れますから、少し前の大事件を改めて検索すると結構面白い。

福島原発の事故最終報告書もその一つで、3号機がオレンジ色の閃光を発した事は記入されていない。50年後に事実を検証しようとしたら公式文書として残っている報告書が唯一の証拠となるのでしょう。

今の内なら記憶と突き合わせ、何を隠しておきたいのか予想が付きます。そして誰が動機を持っているのか?

民間人に原爆投下を平気で行い、実行した飛行機を人類の偉業を展示するスミソニアン博物館に展示している。3.11何て可愛い物じゃないですか。

西欧の科学を検索していた時の副産物です。西欧文明って隠し事が好きなんですね。

投稿: kazu | 2014年8月 6日 (水) 11時03分

理研・笹井副センター長が自殺…STAP共著者
読売新聞 8月5日(火)10時28分配信
 (中略)

神戸市立医療センター中央市民病院に搬送されたが、午前11時過ぎに死亡が確認された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140805-00050078-yom-soci

10時28分配信

午前11時過ぎに死亡が確認された。

社内に未来を確認できる超能力記者がいるのだろうか、
予め結果を知っていてフライング報道してしまったのか、
BBCのWTC第7ビル大崩壊フライング報道に似ていますね。
やはりこれも配慮不足のネオコンの証左と言うべきなのでしょう。

投稿: 鷹 | 2014年8月 7日 (木) 14時51分

こんにちは、不思議な話の紹介です。

「いま知って欲しいこと」 木内鶴彦さん
https://www.youtube.com/watch?v=1r9CHef0S4Q

前半は臨死体験の話で、後半は臨死体験で見てきた将来の話。

その中で木炭を利用した電池の話が出てきます。
http://www2.smsi.co.jp/museumshop/products/detail.php?product_id=227
こんな物が現実にあるんです。

木内鶴彦さんのHP
http://homepage2.nifty.com/turupura/index.htm

現代科学と資本主義。両方とも明治維新で入ってきた物ですが西欧文明って調べても辻褄が合わない謎の部分が非常に多く、御都合主義の雰囲気が強く感じられる。

教育の成果で西欧文明が常識と思っていますが、改めて調べてみると永続性が全く感じられず破壊的と言う印象が強い。

現代社会で感じる「虚無感」は地球上の生き物として必要な永続性を取り戻す精神的な試練から来るように感じます。

臨死体験は不思議な話ですが、未来の社会生活に関する話は今現在の工学技術で十分可能な話です。

投稿: kazu | 2014年8月 9日 (土) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2014年8月6日 ネオコンの悪あがき | トップページ | 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2014年8月6日 西洋医学と代替療法 »