« 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2014年1月15日 ヘリコバクターピロリの除菌 | トップページ | 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2014年1月22日 無から有を生む力 »

2014年1月21日 (火)

藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2014年1月22日 国債バブル崩壊と新しい政治の始まり

国債バブル崩壊と新しい政治の始まり

こちらからダウンロード

藤原事務所のHPです。

毎週1回発行、ワールドレポート

毎月2回開催、新橋藤原学校

藤原直哉のツイッター

NPO法人日本再生プログラム推進フォーラム

|

« 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2014年1月15日 ヘリコバクターピロリの除菌 | トップページ | 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2014年1月22日 無から有を生む力 »

コメント

しかし安倍や官僚機構は
上京したものの(安倍らからの圧力を受けて)不調を訴え
都内の病院に入院した仲井真にさらに圧力をかけ
無事に退院して沖縄に帰りたければ辺野古基地建設に同意しろと
「琉球処分(1870年代)」以来の強い力で仲井真をねじ伏せ
辺野古への基地建設を認めさせた
http://www.tanakanews.com/140106japan.htm

http://www.tanakanews.com/130720japan.htm
http://www.tanakanews.com/130617NSA.htm


2011年
EU内の脆弱な諸国だったギリシャや南欧を皮切りに
米英投機筋が国債先物を売って下落させ混乱させるユーロ危機が起こり
米英マスコミは「ユーロはもう終わりだ」と書き立てた
・・・・・
いまだに世界の流れも見ず
米国覇権がこの先長くないのに対米従属だけに固執している馬鹿者は日本だけだ
・・・・・
沖縄の人々は
名護市の稲嶺再選によって
日本にとって有害な対米従属策を継続しにくくしてくれた
http://www.tanakanews.com/140120gold.htm

投稿: にゃにょん | 2014年1月21日 (火) 14時52分

藤原直哉先生、今日も貴重なお話ありがとうございました。ひとつ解らなかった点は、国債が暴落する時にどうして円高になるのかが解りませんでした。円も大暴落する気がするのですが・・・。

それから本日、船井幸雄先生がお亡くなりになりました。
いつもいつも我々に知らない大事なこと、ビックリすることををたくさんたくさん教えてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。船井先生のことを初めて知ったのは大学生の頃です。ふと立ち寄った書店でみた「百匹目の猿」という本がどうしても気になって目次も見ないで買ってしまいました。読んで感動してからずぅーとファンでした。

船井先生もきっと生きているうちにミロクの世が見たかっただろうと思います。船井先生は二度と人間界には生まれ変わらないとおっしゃっていました。先生から受け取ったバトンを落とさないように走り続けたいと思います。そしてみんなで百匹目の猿現象を起こして、ウソを文明と言い換える時代に幕を下ろし、ミロクの世を作りましょう!五次元の船井幸雄先生の講演に笑って集える日を夢見て。weep

投稿: 鷹 | 2014年1月21日 (火) 18時04分

舛添氏の「新党改革」 政党助成金で借金返済 
政党支部→資金団体と迂回

政党助成金で借金返済

東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)への立候補を表明している舛添要一元厚生労働相が結成した「新党改革」が、借金返済に使うことを禁じられている政党助成金や立法事務費で借金返済を行った疑いがあることが20日、本紙の調べで分かりました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-21/2014012115_01_1.html

10:名無しさん@13周年:2014/01/21(火)
桝添アウトおおおおおおおおおお!!!

11:名無しさん@13周年:2014/01/21(火)
ついに赤旗がやりおったな
赤旗の調査能力は全国紙を超えとる

投稿: 鷹 | 2014年1月21日 (火) 22時56分

こんにちは藤原様、ニュースの紹介です。

自民政権1年、政府系金融機関へ「天下り」続々
http://president.jp/articles/-/11735

国際協力銀行(JBIC)では昨年12月26日付で、渡邊氏は2004~07年に財務省で事務方ナンバーツーの財務官を務め、官僚出身者としては商工組合中央金庫(商工中金)、日本政策金融公庫に続く政府系金融機関トップ起用となった。(一部分割転載)

円高気配のようですが世界は日本に何を求めているのか??

投資銀行資金として20年債を海外調達という手もあるのかな??

周回遅れの「西欧かぶれ」の考える事は全く理解不能。

ルールを明示して海外からの資金用達の方が進歩が早い気がします。

投稿: kazu | 2014年1月25日 (土) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2014年1月15日 ヘリコバクターピロリの除菌 | トップページ | 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2014年1月22日 無から有を生む力 »