« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2013年9月18日 自分のフィールドを確保すること | トップページ | 対談 「日本を元気にする音楽」 2013年9月23日  プロドラマー三嶋RACCO光博さん vs NPO法人日本再生プログラム推進フォーラム理事長 藤原直哉 »

2013年9月18日 (水)

土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2013年9月18日 反省期に入った医療

反省期に入った医療「youjyou130918.mp3」をダウンロード

・毎月一回 土橋重隆先生による「健康管理やりなおし倶楽部(新橋)」はこちら

|

« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2013年9月18日 自分のフィールドを確保すること | トップページ | 対談 「日本を元気にする音楽」 2013年9月23日  プロドラマー三嶋RACCO光博さん vs NPO法人日本再生プログラム推進フォーラム理事長 藤原直哉 »

コメント

土橋先生こんにちは。
先生が何年か前、何らかの物理的な治療手段を気に入っておられたような
気がしますが、その後いかがでしょうか。
どこかで何かの機会にお話を伺えるのを楽しみにしております。

「反省期に入った医療」とはどういう意味か、正直ちょっとわかりにくく
感じましたが、通院でのがん治療に力を入れておられる先生の自己紹介を
目にして、土橋先生が言わんとされているのはこのようなことかなと
想像してみたりしています。

ーーーーーーーーーーーー
医療とは医者のおごりを諫め、人間の命の尊さと生きる素晴らしさを心から受け入れ、患者さんの自由意志を尊重しながら「元気になろう」と 共に生きることです。

当院では、がん治療の総合医療である免疫細胞療法などの東洋医学も積極的に取り入れ、居心地・対話・東西融合をキーワードに患者さんとの信頼関係を大切にした心のこもった診療を行っています。

引用元
http://www.takara-clinic.com/clinic.html


投稿: マルバハギ | 2013年9月23日 (月) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2013年9月18日 自分のフィールドを確保すること | トップページ | 対談 「日本を元気にする音楽」 2013年9月23日  プロドラマー三嶋RACCO光博さん vs NPO法人日本再生プログラム推進フォーラム理事長 藤原直哉 »