« 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2011年8月17日 意識の力 | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2011年8月24日 タイタニックの沈没に際してトップは何をするか »

2011年8月18日 (木)

対談「未来はどのように創られていくか」2011年8月18日プレゼンシングインスティチュートコミュニティジャパン代表 由佐美加子氏 vs 藤原直哉 NPO法人日本再生プログラム推進フォーラム

対談『未来はどのように創られていくか』(2011年8月18日収録)

プレゼンシングインスティチュートコミュニティジャパン代表由佐美加子氏 vs. 藤原直哉

こちらから、ダウンロードしてください。(46:39)

由佐美加子氏の紹介は、こちらから。

プレゼンシングインスティチュートジャパン(PICJ)のHPは、こちらから。

2011/8/27 日本再生プログラム推進フォーラムでは
由佐美加子さんをお迎えして特別セミナーを開催します:

「未来を創るリーダーシップ -- 対話を通して出現する未来から学ぶ --」は、
こちらから。

9/17-19  PICJ主催
クロスボーダー・リーダーシップ・サミット2011(9/17-19)
『被災地支援から、新しい未来の共創造co-creationへ』
~組織を越えてリーダーがつながる場~は、こちらから。

1

「ver2.1_orange_fin.pdf」をダウンロード

|

« 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2011年8月17日 意識の力 | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2011年8月24日 タイタニックの沈没に際してトップは何をするか »

コメント

藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2010年3月16日 八重垣を崩せるか
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2010/03/201016-2904.html

スサノオ像の剣折られる 
http://www.47news.jp/localnews/shimane/2011/05/post_20110527225149.html

中国海軍、沖縄本島・宮古島間の公海を通過
http://www.news24.jp/articles/2011/06/09/04184183.html

沖縄観光に数次ビザ 中国人対象に7月から
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110527/plc11052718100020-n1.htm

委員は国会同意人事 人権救済機関の基本方針発表 権限強化の余地も
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110802/plc11080210120014-n1.htm

村に蛇1,000匹放たれ住民混乱、迷信深い男性が「運気を上げるため」
http://news.livedoor.com/article/detail/5766458/

逃げる中国人3人、山狩りで逮捕…金属廃材盗む
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110814-OYT1T00314.htm

中国人富裕層向けの「マルチビザ」で沖縄が乗っ取られる?
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/08/18/6462/

投稿: 中国は“ワイロ文化”です。よって今後考えられる展開は非常にシンプルです。 | 2011年8月18日 (木) 22時26分

いつも楽しく拝聴しています。今回の対談はとても共感するものがありました。今回の大震災を機にパラダイムが目に見えて大きく変化し、ひとびとの価値観が大きく変わったと思います。加えて経済的な危機が誰の目で見てもはっきりとしてきました。わたしも、日本から変わっていくと思いますが、人類の集合意識も変わるというか、跳躍するのではないでしょうか。この社会状況は恐ろしいことだということに囚われるか、自分を成長させてくれる機会と捉えるか大きな分かれ目だと思います。対談でおっしゃっているように、エゴにとらわれずにおおいなるものとつながっていることを感じて、本当の自分を見つけ、それぞれがエンパワーメントを発揮できるようになればこの世界はまるっきり変わる気がします。
わたしは2000年におおいなるものとつながる経験をしました。そのとき、量子物理学でも解明されてきている、すべてが波動で、すべてがつながっているのを体で感じました。おおいなるものとつながっている高い波動の視点で見ると、この世界のものすべてから愛の波動を感じます。そしてすべてを愛せます。すべてが美しくて、あたたかくて胸からあたたかいものがこみ上げ、涙が止まりませんでした。一度、この波動を感じるといまの状況の組織で働くことは苦痛でしかないと思います。
バシャールという存在は豊かさの定義を「やる必要のある時にやる必要のあることをする能力」と言っています。自由があって、自分のわくわくする好きなことをすることはなんと豊かなことでしょう。今年の夏は暑かったですが、ここ群馬県は窓を開けておけば、涼しい夜風が入ってきて、とても心地よくて、これだけでもなんて幸せなんだろうと感じられました。
由佐氏の講演にとても興味がありますし、遠山郷にもうかがいたいと思っています。

投稿: 田村ひろ | 2011年8月20日 (土) 16時03分

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110824-OYT1T00951.htm

投稿: クロスボーダー中国人 | 2011年8月25日 (木) 06時30分

田村様、素敵なコメントをお寄せくださいましてありがとうございます。私たちは自分で、自分たちの力でなんとかこの社会の中で生き残らないといけないという分離した世界から、大きな流れの中の一部として生(活)かされているのであることを「思い出す」時期がきているのではと思います。人間は本当は誰しもがそれを深いところで知っていると感じています。そして、そこからこれからの生き方が始まる気がしています。震災が起こり、多くの犠牲と悲しみ、そして多くの揺らぎが起こりました。絶望と希望はコインの表裏です。その奥の本質的なエネルギーにつながって生きていきたいと思います。ここにあるご縁に感謝致します。

投稿: 由佐美加子 | 2011年8月27日 (土) 02時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2011年8月17日 意識の力 | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2011年8月24日 タイタニックの沈没に際してトップは何をするか »