« NPO法人日本再生プログラム推進フォーラムPodcast番組第13回 ―主役は、皆さんです!― | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2011年7月6日 いつまで粘る菅首相 »

2011年7月 5日 (火)

対談「南相馬から訴える本音の声」 2011年7月4日 南相馬市議会議員大山弘一氏、田中京子氏 vs 藤原直哉 NPO法人日本再生プログラム推進フォーラム

対談『南相馬から訴える本音の声』(2011年7月4日収録)

南相馬市議会議員大山弘一氏、田中京子氏 vs 藤原直哉

こちらから、ダウンロードしてください。 (34:36)

南相馬市議会議員 大山弘一(おおやまこういち)氏のHPは、こちらから。

南相馬市議会議員 田中京子(たなかきょうこ)氏の関連のニュースは、こちらから。

南相馬市議会議員名簿は、こちらから。

南相馬市議会:6月議会中継録画映像は、こちらから。

Img_1463

Img_1452

Img_1450

|

« NPO法人日本再生プログラム推進フォーラムPodcast番組第13回 ―主役は、皆さんです!― | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2011年7月6日 いつまで粘る菅首相 »

コメント

recycle先生、山中さん、ひぐちさん、リスナーの皆さん 本当に有難うございます。お陰様で 全国から 励ましのメール 沢山いただいております。
 本当に 遠いところ 先生にはご多忙中、文字通り 跳んできていただきました。
もともと チベットなどと揶揄される交通僻地でしたが ここに来ていわき南相馬間が完全に遮断されて通行不能になり 先生方には ただでさえ遠いところ遠回りで駆けつけて頂き 本当に有難うございました。
 全国の皆さんからの励ましを受け 田中議員ともども元気をいただいております。
 先生の「1、生命2生活3、経済」、この価値感と異なる 社会は存続しませんね。
この教えを元に 「命優先」でわれら無所属議員 頑張って参ります。
 これからもご報告させていただきます。
皆様、本当に有難うございます。

南相馬市 大山弘一 田中京子

投稿: 大山弘一 | 2011年7月 6日 (水) 00時38分

こんにちは

大変なご苦労がある様子を実感いたしました。

自家栽培の野菜等についてですが、放射性物質を取り込みやすい物が図になっている物があります。

http://nanohana.me/?page_id=129

ご参考になさってください。

空間の「マイクロシーベルト」から土壌の「ベクレル」への換算
http://takedanet.com/2011/07/post_9579.html

ベータ線しか測定できない測定器の場合、他の放射線の総量は2倍すると他の測定器と一致するようです。

測定器の誤差は±10%程度は普通にありますので測定器の数値に一喜一憂しない事が大切と思います。

微生物の働きで放射線を消す事を考えると、放射性物質を吸収しやすい葉物野菜を栽培し、緑肥として畑に鋤き込む事が広範囲の除線に成りはしないのかと推察されます。

基本は素人ですので憶測の域を出ませんが、自然界には法則がありますので実験するに相応しい所が在れば試す価値はあると思います。

効果が出た場合は地上1mの空間線量より地面から1cm程度の線量が低くなると思います。

当方では自治体に計測器は購入した1台しかなく保育園を中心にミニミニホットスポットを探す方向で発見した土を隔離するのが有効と思われますが、空間線量の年間累積量が5ミリ未満という事もあり切迫感がありません。

また園庭で地上よりも空間線量が高い所も在り役所では首をひねるばかり。週に1回程度の割合で担当者から状況を聞いています。

先日は保育園・小学校で酵母の錠剤を配布する事を提言してきました。

将来への不安感は全く違うと思いますが、微生物の活動が活発に活動すれば放射性物質は消えるらしいと言う事は言えるのではないかと思います。

微力ではありますが、この様な形での応援をさせて頂きます。

投稿: kazu | 2011年7月 6日 (水) 03時27分

大山先生、田中先生、kazuさん、こんにちは。いつもありがとうございます。

このたびの訪問、本当にいろいろとありがとうございました。またkazuさん、心のこもったご提案、本当にありがとうございます。

まだまだ長丁場だと思います。しかし原理原則をしっかり守ってチームワークを創っていけば状況はよくなっていくはずです。みなさんで力を合わせてまいりましょう。

どうぞ引き続きご活躍ください。またお伺いいたします。

ありがとうございます。

藤原直哉 拝

投稿: 藤原直哉 | 2011年7月 6日 (水) 06時57分

ろあんさん今日は
このところ平安時代から第二次大戦に至るこの国の歴史の中で
それぞれの時代に生きた人達のことをあらためて学んでいます。
中でも天につながる生様としか想えない生様をした人達が命を天に
あずけて生きるなかで今がいかに困難な状態におかれていようと常に
次の時代を見据えて生きている有り様に感動します。
20世紀はまさに敗戦というおおきな試練から立ち上がって新しい時代
を築きました。
このみせかけの繁栄、砂上の楼閣は天を恐れない人間の欲望が産んだ
繁栄でした。21世紀という新しい時代を迎えてなお欲望のやまないなかで今回の出来事が起きました。

今回の困難にあわれたこと、そして出口の観えない状況、心が痛みます。
これまでの歴史をふりかえってみても国難といえる出来事は数多くありました。がしかし、今回のことはこれまでのものと異なります。現実は
あまりにも深刻です。にもかかわらず政府の対応は敗戦末期の大本営さながらの対応です。平和ぼけの政府、見事に国民に解る形でそのありようをさらけだしました。ここにきてなお原発をやるとは何事か
人の命を第一にしない政府はこの国にはいらない。
現地で命がけで働く人達の力になれない政府国会議員もこの国にはいらない。21世紀を善い時代にするまえになすべきことをきちんとやることが急務だとおもう。ましてやランクづけをして困っている人達を差別すなど言語道断。金がないなら印刷しろ。子供たち若い人達を大至急安全な場所に避難させよ。
本来国難の時にはボランテアのまえに動くのが自衛隊でありこれを動かせるのはカンサんあんただよ。非常時には非常時の対応がある。
安全だ。クリ-ンだ。といっていながら現実はちがう。
政府は国民をあざむくためにあるとしか想えない。
現場で働くみなさんの健康が心配です、ろあんさんも無理しないでください。天は必ず良き方向に導かれると信じています。祈っています。

投稿: 杉原大路 | 2011年7月 6日 (水) 09時30分

recycle藤原先生、kazuさん、 杉原大路 さん
皆さんいつも有難うございます。
kazuさん早速、後ろのじいちゃんと川向こうのばあちゃんちの娘婿に届けます。(地域の情報瓦版やさん)
杉原さお久しぶりです。野積みしていた粘土も被曝。
セシウム焼じゃ使えませんが。いつも有難うございます。

藤原先生、横浜の研究所の社長さんがわざわざ15日に来てくれることになりました。これも先生のお陰であります。
どうにか17日解除説は一応後退したようですが 2学期に向けて 8月の攻防と言ったところでしょうか?
 それにしても仮払いと言う分断作戦。朝から苦情殺到です。みんなフラストレーションの塊と化してます。
メンタルヘルスー何かありませんか?
針のむしろに座らせられ 石つぶての刑・・って感じです。住民は相変わらず 近場に犯人探しをし 仲間同士噛みつき合っています。ついつい本音。

 先ほどまで別の組織が打合せにきてましたが みんな少しづつ 病んでるようです。私も少し変。一家離散に将来が見えないーーまたまた本音・・。

すみません。この辺にしておかないと。

皆さん有難うございます。

これからレジメ作って 朝から住民集会。
では。

投稿: roan(昔の名前で出ています) | 2011年7月 7日 (木) 00時10分

roanさん、おはようございます。

日々本当にお疲れ様です。中央の政権もご覧の通りの大混乱で、あまり多くのことを考えずに、大きな声に押されて右往左往というのが実態です。

分断ということ、本当によくわかります。こういうことになるなら、県議会、市議会に管轄区域の配分を一任するとしたほうがいいかもしれませんね。将来の復興を考えたら。一度地元から国の現地対策本部長に提案されてみてください。分断があると復興が進まない。そのことをよく強調して、もし予算総額が限られているならどう配分するかは地元に一任してほしい、それは復興を住民全員参加で進めるためだ。ここでこじれると永遠に分断が解消できないことになりかねない。市町村合併も離婚だということになりかねない、そうしたら復興どころではない、すべて終わりだと訴えてみてください。

横浜の会社、頼もしいですね。ありがたいことです。どんどんやってもらってください。

メンタルヘルス、おっしゃる通りです。傾聴部隊を送らないとなりませんね。ちょっと関係者に当たってみます。

毎日が本当に濃厚です。放射能汚染は福島だけの問題ではなく、日本中、そして世界中の問題です。みんなの力で克服してまいりましょう。

またご連絡いたします。

藤原直哉 拝

投稿: 藤原直哉 | 2011年7月 7日 (木) 07時57分

またまた大変な問題が出てきました

なんと 農水省が放射能で汚染されてしまった泥を肥料に変えて流通させようとしています!!
そんな事してしまうとどうなるか??


放射能は何に変えようが そこに含まれる数値や影響は全く変わりません。。。
その泥を肥料に入れることによって。。。

日本全国の作物は その肥料を栄養にして放射能物質が入った作物に育っていきます
そして それを食べることになるのです!


こんな情報はテレビやマスコミは取り上げません
なぜなら 国民に反対されるのがわかっているからでしょう。。。
(悪さをしている子供は親の目を盗んでこっそりするのとおんなじですね)


とにかく 1人でも多くの人にこの情報を伝えてください

これは将来のあなたが口する食にかかわる問題です!!

http://blog.pandacake.jp/?eid=945801

投稿: 放射能汚染された汚泥が肥料に!! | 2011年7月10日 (日) 21時29分

fuji今のところ 高線量地域の下水汚泥や焼却灰は 区域内で留め置かれています。
しかし汚染土壌や除染実験ではじめたヒマワリや菜種の行き先が決まっていません。
藤原先生アドバイスの微生物常温核融合方式の成功を祈りたいです。
そうしないと 市の半分以上の国有林の除染が未知数です。
現在、4ヶ月たち核種は完全にちりじりに分散し 側溝や窪地になど目に付きにくいところに隠れてきています。しかし 役所の計測は アスファルト道路上です。

数値操作と言われてもしょうがありませんね。

由美ちゃんの味噌汁 元気がブルルゥ・・ 出ました。

で、http://www.youtube.com/watch?v=08bSctTJt2Q&feature=related

お口直しにhttp://www.youtube.com/watch?v=QGkzCXpnLic&feature=related

高度経済成長 真っ只中の父母に抱かれ何も不安も感じなかった子どもの頃 よく流れてました 歌謡曲の数々。
歌い手と同じ年になった 今聴くと シ・ミ・マ・ス・・・ ね。

学生時代はバブル真っ只中でした。
そこの見えないまま ずっと落ちてきました。
底のないのが・・・
http://www.youtube.com/watch?v=1KNUhhEBu50&feature=related

すっかりおセンチな気分になってしまいました・・・?

今晩は同級生を招集しての作戦会議でした。
明暗くっきり分かれ 業界原発推進派は欠席。いのち優先派7人出席。抱かれる立場から背負う立場になり 同じ道を歩んできたつもりが・・・・7,11は「赤と黒のブルース」
・・・  無情 です。

失礼いたしました。


投稿: roan(昔の名前ででています) | 2011年7月11日 (月) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NPO法人日本再生プログラム推進フォーラムPodcast番組第13回 ―主役は、皆さんです!― | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2011年7月6日 いつまで粘る菅首相 »