« 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」 2011年6月27日 土橋重隆・藤原直哉 日本の医療を再生する道 | トップページ | 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2011年6月29日 リーダーシップのタテ糸・ヨコ糸 »

2011年6月28日 (火)

藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2011年6月29日 日本を再生させよう

日本を再生させよう

こちらからダウンロード

遠山藤原学校のご案内、7月30日・31日です

毎週1回発行、ワールドレポート

毎月2回開催、新橋藤原学校

藤原直哉のツイッター

NPO法人日本再生プログラム推進フォーラム

藤原直哉の精神世界講演録

|

« 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」 2011年6月27日 土橋重隆・藤原直哉 日本の医療を再生する道 | トップページ | 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2011年6月29日 リーダーシップのタテ糸・ヨコ糸 »

コメント

fuji先生、皆さんご無沙汰しています。
実名で訴えます。
南相馬市議大山弘一です。
棄民、モルモット、カナリア、などなど。
放射能最前線で
精神的損害賠償は10万円のみ。連日の強い余震の中、
後出しの深刻な原発情報におびえながら ガソリンスタンド、食料品店・・・民間で防犯ボランティアをしたり
避難所炊き出し、食糧配給などなど 。
原賠審委員は残留市民の話など聞きもしない。

ウランもプルトニュームも出てます。
http://mak55.exblog.jp/
2学期までに設定区域を解除して 
政権は子どもたちを被爆させたいようです。

先生、皆さん助けてください。

投稿: roan | 2011年6月29日 (水) 00時09分

roanさん、書き込みありがとうございます。先ほど直メールさせていただきました。
藤原直哉 拝

投稿: 藤原直哉 | 2011年6月29日 (水) 09時08分

こんにちは藤原様、東京は一番遅れていますか(笑

本日、水道料金の支払い漏れがあると連絡があり「断水の議」を思い出しました。
確かに高速道路が売れずに東京の水道を売ろうと画策した人が居て統一地方選挙までに利害調整が出来なくて突然の出馬で再選された爺さんが居たのかな?

と、妄想してしまいました(笑

roanさんへ

放射性物質について武田先生や小出先生の話を元に何が危険なのか?どう対処するのが良いのか私の考えを書かせていただきます。

放射線、放射能、放射性物質。この区別を付けて考えないと訳がわからなくなります。

放射線は光と同じで原発が見えなければ届きません。

放射性物質は光を放つ懐中電灯のイメージで何処にでも持っていって光を放つ物(物体、粒、粉、埃)

放射能は光の強さのイメージ。半減期は懐中電灯の電池の寿命のイメージです。

放射線の何が怖いかというと遺伝子(DNA)が傷つき変異する。その結果が癌の発病と言う事です。

今の科学では詳しくは解明されていませんが、100ミリ・シーベルト以下では放射線が癌の原因と特定する事が出来ません。

同じように放射線を浴びた人を沢山集めて統計を取ると発病する人が増える。と言う事が解っています。

その上で交通事故の確率と同程度として国際的に取り決めた値が年間1ミリ・シーベルト以下と言う事です。

以外なのが病室の許容量が5ミリ・シーベルトなのです。理由は栄養管理がされている事、休養している事です。

太陽光線でもDNAは傷が付き皮膚癌の原因となる事までは解ってきているようですが、DNAは傷が付いても十分な栄養と休養で傷を修復する酵素が活性化して元に戻す能力があります。

DNA修復酵素の材料が非常に複雑で様々な材料(栄養素)を必要とするので栄養バランスがとれた食事の出来る病室では5ミリ・シーベルトと言う事のようです。

栄養バランスと言う意味では腸内細菌が作り出しているようで細菌の死骸もDNA修復酵素の材料になるようです。

放射線関係で一番危険な行為は計測をしない事。管理をしない事。だそうです。被爆量が解っていれば治療方針も決まってくるそうです。

降り積もった放射性物質が土に捕捉され地面に近い所では放射線量が高くなっていると思います。

今の科学では人体に影響を与えない所へ隔離する以外に方法はありません。高嶋博士の微生物を使った方法で放射性物質を消す以外の方法は無いと思います。

他にも微生物を使って消す方法も在るようですが現時点で今の科学的観点から消えていると言える物は高嶋博士の方法だけのようです。

具体的には市街地の表土を削り取ったり水で洗い流したりして集めた土を高嶋博士の方法で消してしまうのが確実なのでしょうが広大な範囲に成ると思いますから町内会など密集して住んでいる所や避難場所の周辺などを優先して行う事になると思います。

空気中に漂っている放射性物質は一度降った物が風に舞って居る物が大半と思われます。消してしまえば放射線からの避難場所としても使えます。

休息を取る事(放射線を浴びない)でDNA修復が進みますから発病の確率は低くなる。

我が家の周辺では中途半端な放射線量なので対策費用も絡んで様々な人間模様が見られます。

対策費用の問題は必ず出てきますが、お金は誰でも刷れるのです。手形といいますが信用手形を出せばよいのです。通貨単位を「円」にしなければ法律的にも何の問題もありません。地域での合意が得られれば地域通貨として機能します。

地域振興券は信用の担保として払戻金を積みますが、通貨単位を変えて地域の合意が得られれば払戻金がない地域振興券として機能します。

他の地域との流通には為替のように変換レートが生まれてくる。新しい興業銀行が出来た時に引き受けて貰う事も考えられます。

お金の話はプロに相談して頂くとして、放射線に関しては被爆量の管理とバランスの採れた食事と休養で被害を抑える事は可能と思われます。

大変かと存じますが何とか乗り切ってください。

投稿: kazu | 2011年6月30日 (木) 01時10分

recycle先生、kazuさん 有難うございます。
怒れる議員が訴えます。
同じ市に警戒地区、緊急時避難準備区域、計画的避難地区、特別勧奨地点、そして圏外と5つの区分けを7万人市民にし さらに 補償や義援金全て差がつけ市民を分断させる。

はっきり言うと 全て政府の都合です、市民の都合ではありません。
発災当初より マスコミ報道が先行し 市が後から知ることばかりでした。
今度の設定地区解除や縮小の話も 精神的被害の賠償にしても全てそうです。
市民の意見を吸い上げることはありません。絵にかいたような上意下達が 加害者、被害者の立場も忘れ これからも続くのでしょうか?

 加害者が猛スピードで逃げていく感があります。バタバタとたたみ込んでハイさよなら 後は民事で30年?  【ちょっと待ったー!!】
「もう終わり もう終わり」って 「落し物全て回収しろー!」
_________
前置きが長くなりましたが 100でもなく20でもない 
「空間」に拘って「足元」を見ない=答えはPuでしょ。
キチンと全て回収してもらいたい。
それまでは 区域解除して子どもらを呼び込むことは許さない!!!
議員怒りのブログhttp://mak55.com/

投稿: roan | 2011年7月 1日 (金) 02時34分

roanさん、いつもありがとうございます。
まったくおっしゃる通りです。国と東電に全部やらせましょう。同時にヨコのネットワークできることもいろいろやっていきましょう。被ばくは時間との闘いですから急がなければなりませんね。頑張ってまいりましょう。
藤原直哉 拝

投稿: 藤原直哉 | 2011年7月 1日 (金) 05時40分

こんにちは

ブログで放射線量測定結果を発表していた都議が不自然な自殺
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/630.html

妙な話だなと思っていたのですが、変化はもうすぐという事か?

何事も注意が必要な国になったようです。
(本国の焦りでしょうが。8月2日?)

投稿: kazu | 2011年7月 2日 (土) 22時16分

おはようございます。

個人のブログなんですが公的機関より正確かもしれない放射能情報も公開しています。(東海アマばりに過激な部分もあるが許容範囲内)
http://www1.odn.ne.jp/~cad79480/

支持率回復を狙い「脱原発!」とか「自然エネルギー」などと日本政府がほざいてますが、どこまで本気なのでしょうかね~。耕作放棄された田畑を利用して太陽光発電にも農水大臣は前向きだそうですが、放射能汚染地帯が広がる中で当然汚染されて使えない田畑も増えてるわけですが、普通なら耕作放棄された田畑を将来の食糧難時代の到来の為にも再生する事に力を注ぐべきなんですが太陽光利権の構築で頭の中はいっぱいなのでしょうか??

目先に転がる毒饅頭に飛びつく永田町や霞ヶ関の牛蛙という感じですね。

投稿: yama | 2011年7月 3日 (日) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」 2011年6月27日 土橋重隆・藤原直哉 日本の医療を再生する道 | トップページ | 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2011年6月29日 リーダーシップのタテ糸・ヨコ糸 »