« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2010年11月9日 空間を広げる力 | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2010年11月16日 ゲームはまだ終わっていない »

2010年11月10日 (水)

土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2010年11月9日 ガン検診

ガン検診「youjyou101109.mp3」をダウンロード

土橋総合医学研究室のHPはこちらです。

|

« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2010年11月9日 空間を広げる力 | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2010年11月16日 ゲームはまだ終わっていない »

コメント

土橋先生、ありがとうございます。毎回聞かせていただいております。
ガン治療の第一人者である先生から、このような本当のお話を聞けて凄く良かったです。

素人ながら、どこか検診ってビジネスや利権の臭いがして
多項目は受けたくないのですが、
如何せん素人故に自分の判断に自信がもてず、
どうしても周囲の勧めるように全て受けがちでした。

これで自分が不要だと思っている検診項目については
自信をもって断る作戦を考えられそうです。

これからも先生の放送を楽しみに聞かせていただきます。

投稿: youichi | 2010年11月11日 (木) 22時27分

こんにちは土橋先生

こんなブログがありました。
http://quasimoto.exblog.jp/13619163/
http://quasimoto.exblog.jp/13619286/

抗ガン剤で儲けている方々ではないでしょうか?
人口減少すると利益が減って困ると思うのですが彼らは何を考えているのでしょうか?

優生学って医者の立場で見ると何を意味するのかもご教示頂けると助かります。

私には追いつめられた悪党の最後の叫びに見えるのですが・・・

投稿: kazu | 2010年11月13日 (土) 02時27分

彼らの「病気」のことは、徳のある獣医さんが彼らのペットの問題で依頼を受ける時の体験に「解」を見つけられるとおもいます。

投稿: ジュウシマツの国のAさん | 2010年11月13日 (土) 09時01分

土橋先生、こんにちは。

私も土橋先生と同じ考えでして、できるだけお医者さんのお世話にはならないようにして生きています。一応健康だからなのでしょうが、今の医療はちょっと納得しないところがあって、「生きるも死ぬも持って生まれた寿命次第」と思って、一日、一日できるだけ悔いのないように生きるようにしています。それで死んだら死んだで死後の世界を覗くのもちょっと楽しみだと感じています。

投稿: 花子 | 2010年11月14日 (日) 03時36分

this post is very usefull thx!

投稿: financial aid for college | 2010年11月17日 (水) 23時06分

Really nice post,thank you

投稿: Ron Tedwater | 2010年11月18日 (木) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2010年11月9日 空間を広げる力 | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2010年11月16日 ゲームはまだ終わっていない »