« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2010年4月6日 意思決定の問題 | トップページ | 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」 2010年4月7日 岸端健太、石井琢磨、長谷川孝 お久しぶりです。 »

2010年4月 6日 (火)

土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2010年4月6日 一年を振り返って

一年を振り返って「youjyou100406.mp3」をダウンロード

|

« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2010年4月6日 意思決定の問題 | トップページ | 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」 2010年4月7日 岸端健太、石井琢磨、長谷川孝 お久しぶりです。 »

コメント

こんにちは土橋先生

2年間突入おめでとうございます。

この1年を振り返って私が思うことは、患者さんに対するメッセージは十分に陳べられていると感じました。

私の家族親戚関係で医療従事者が多い物ですから、麻酔科医とか看護士とか、その辺りに光を当てた話も在っても良かったのではと感じております。

患者の側からは外科手術では外科医が命を管理していると思っていると思いますが、麻酔科医や内科医のボヤキも聴いておりますので、その辺りの話をされることにより土橋先生も患者の皆さんも精神的な成長があるように思えます。

門外漢で好き勝手なことを書いておりますが、ご容赦下さい。

投稿: kazu | 2010年4月 7日 (水) 00時25分

kazuさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
私も研修医時代に麻酔科を回りましたが当時は外科医の陰の地味な仕事でした。しかし最近は麻酔専門医という肩書きでの仕事が増えてきています。決まりが変わり逆に機能的ではなくなったようにも思います。病院は各科の関係が密ではなく、まだまだ古い体制が続いています。役所と同じ縦割り体制ですね。これはなかなか変えられないと思います。ボヤキもでるでしょうね。
土橋重隆 拝

投稿: 土橋重隆 | 2010年4月 7日 (水) 00時53分

土橋先生、あれから1年になるんですね。
時の立つのは早いですね。

この放送に影響されて本音でお話をするお医者さんが増えていき、日本の医療も徐々に変わって行くのではないでしょうか。

これまでのお話に感謝します。これからも面白いお話を聞かせて下さい。

投稿: 花子 | 2010年4月 7日 (水) 10時00分

花子さん、こんばんは。いつもありがとうございます。
医者の仕事はマニュアルどおりに診療するというつまらないものに
なってしまいました。昔は楽しい仕事でした。そのうち医療界にも大きな変化が来そうに思います。その日まで続けていくつもりです。引き続き、お聴きください。
土橋重隆 拝

投稿: 土橋重隆 | 2010年4月 8日 (木) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2010年4月6日 意思決定の問題 | トップページ | 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」 2010年4月7日 岸端健太、石井琢磨、長谷川孝 お久しぶりです。 »