« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2009年12月22日 フラットな世の中 | トップページ | 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」2009年12月25日 大谷賢司、山本太一朗 来年に向けて  »

2009年12月22日 (火)

土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2009年12月22日 根治手術と姑息的手術

根治手術と姑息的手術「youjyou091222.mp3」をダウンロード

|

« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2009年12月22日 フラットな世の中 | トップページ | 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」2009年12月25日 大谷賢司、山本太一朗 来年に向けて  »

コメント

ベンジャミン・フルフォード氏の著作に、闇の勢力のことが良く触れられています。その中には、医療の発展を妨げている闇の勢力があり、薬を使わないで病気を完治してしまう治療法を世の中に出ないように陰謀を図っている話がありました。
医者の名前は忘れましたが、癌を死滅させる周波数があるらしく、電磁波と顕微鏡で癌を除去するそうです。体にかかる負担は軽いらしく、末期癌でも治癒率は高いらしいです。医薬品メーカーに様々な妨害、謀略により、その治療法が世の中に広まらなかったらしいです。非常にもったいないですね。医学は進歩していて、本来、癌は根治可能な段階に入っているのかもしれません。

現在、世界恐慌が進展中ですが、もし、闇の勢力が倒れたら、理想的な医療が普及するかもしれません。

投稿: 根性 | 2009年12月27日 (日) 18時54分

根性さん、いつもありがとうございます。
現場だけにおりますと裏の情報が入ってきません。ですから医者は国の方針どおりに動きます。日本の医者は去勢されてしまっているようです。
土橋重隆 拝

投稿: 土橋重隆 | 2009年12月30日 (水) 17時33分

物理的な方法で進んだ癌を消滅させて、健康な細胞はダメージを受けない装置は既にあると聞いたことがあります。

薬による予防はというと、個別に遺伝子解析を行い、適合した薬を作る研究をがんばっているらしい。一生に一度飲めば万全というような内容を目指しているかも知れないけれど、どれだけ高額かどうか。

心のイメージの力だけで複数の癌抑制遺伝子セットをONにできるSAT療法というのも効果が上がっているそうです。

どーれーにーしーよーおーかーな、
てーんーのーかーみーさーまーの
いーうーとーおーり
けっけっけーのーけっけっけーのーけー
かーきーのーたーねっ!

投稿: ヒヨリミン | 2010年1月 4日 (月) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2009年12月22日 フラットな世の中 | トップページ | 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」2009年12月25日 大谷賢司、山本太一朗 来年に向けて  »