« 週刊WADAニュース 09年第35週 荒井茂樹、本多長勝 夜のお散歩 他 | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2009年9月1日 歴史的政権交代 »

2009年8月30日 (日)

藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」 2009年8月30日 南信州遠山郷で歴史の断層を越えた  久志さん、yuponさん、yuponさんの息子さん、ワイノさん、藤原直哉

南信州遠山郷で歴史の断層を超えた

lohas090830.mp3をダウンロード

|

« 週刊WADAニュース 09年第35週 荒井茂樹、本多長勝 夜のお散歩 他 | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2009年9月1日 歴史的政権交代 »

コメント

こんにちは藤原様、楽しそうな雰囲気が良く伝わってきます。

この時間になると比例区で顔を見たくない人が沢山当選しています。警察官僚出身の方が当選されて様で六本木は安泰なのかな?

ネットでも風を感じてか本来なら隠れているべき話が沢山出て来ています。内容の信憑性については判断しないとなりませんが、闇の世界で生きる事が出来ない世の中になってきたのでしょう。(弥勒の世??)

政策で良さそうなのが国民新党でしたが、理解されなかったようですね。心停止のような経済が襲ってくる中で無利子国債(相続非課税)の発行は良い政策と思ったのですが・・・

ユダヤの金融システムは崩壊するのでしょうが、移行期の財源確保として無利子国債を評価していたのですが、仕組みを勉強しないと理解できないですね。

大企業が何をするのか?これで痛みの具合が違ってくると思いますが、どうなるのやら?マスコミでは官僚組織が何とか言っていますが、経済産業省を見る限りでは問題無さそうです(笑

裁判官の投票も在ったと思いますが、何も書かなければ信任って北朝鮮の選挙ですか?(笑)官僚組織の問題点の一例なのでしょう。年金などは関心も高いので監視されるでしょうが、警察・司法はネットでボロを出してくるのかな?

只今、収監中の植草さんは最高裁の判断を受けることなく冤罪で実刑。ネット言論規制の雰囲気もありますので一波乱在るのかな?

今日のお酒は田植えの前の花見酒?これからが大変でしょうから力を合わせて乗り切りましょう。

投稿: kazu | 2009年8月31日 (月) 01時20分

kazuさん、こんにちは。いつもありがとうございます。遠山郷のある長野5区も自民党の現職が落選です。革命ですね。とにかくパンドラの箱、びっくり箱のふたが開いたという状況があります。ですから過去のことについてそれこそいろいろと出てくるのでしょうね。そして同時に現在の恐慌がさらに深刻化してきたときに、さーて、どうするか、新政権の正念場になってきます。人事を2週間でやりますから、人事が固まってきた頃から次の展開が見えてくるのでしょうね。どうぞ引き続きご活躍ください。

藤原直哉 拝

投稿: 藤原直哉 | 2009年8月31日 (月) 09時47分

藤原先生、そして八月の遠山郷の休日に参加された皆様ありがとうございました。
祭りに参加して花火堪能し、芋掘りも、そしてインターネットラジオ出演と。。
改めて自分の声小さい・・・でもちゃんと聴きとれたようです(笑)
ラジオでも言ってましたが民主党圧勝したけどその後どうなるか?今後の日本に期待しつつ・・・
祭りが終わって今日から九月ですね。秋に突入です。
秋から冬へ・・・遠山郷もいろいろ盛り上がっていきます。マラニックに綱引きに霜月祭りにと・・・
これからもよろしくお願いします。

投稿: ワイノ | 2009年9月 1日 (火) 06時11分

ワイノさん、こんにちは。いつもありがとうございます。今月も遠山郷でお世話になりましてありがとうございました。大いに盛り上がりましたね。今月はまた月末に参りますのでよろしくお願いします。マラニック、どうぞがんばってください。ますますのご活躍を!
藤原直哉 拝

投稿: 藤原直哉 | 2009年9月 1日 (火) 07時13分

藤原先生こんにちは、
この放送から約1月すぎました。
息子は元気になって仙台に戻りました。

鳩山民主党も無事船出したようですね。

本当に新しい世界が開けてきそうな予感がするのですが、
現実にごく近い将来、食料危機やエネルギー危機の到来はやっぱり避けられないような気がします。いったん、その混乱を乗り越えないと先の世界には進めない・・・

っということで、今週は太陽光でフロのお湯を沸かす装置を自作しました。
構想2年、工期4日。今日初運転。材料費3万円。
それで60℃のお湯がたっぷり湯船いっぱい!!

屋根の上に黒くペンキを塗った塩ビ管(直径10cm長さ2m×12本)を並べて水を出し入れできるように配管して
熱が逃げないように木枠と耐熱ガラスで覆い、朝に水を入れて夕方にフロに落とす(給排水は水道の水圧と塩ビ管の中の水の位置エネルギーだけですので一切電気は使わない)超ローテク湯沸し器ですが、とてもよく働くようです。これで少なくとも4-10月の晴天時は化石燃料無しでフロにはいれそうです。アリガタヤ!!

太陽光で沸かしたお湯は身も心もほっと温まるような気がします。

今月の遠山の休日は忙しくていけそうにありません。
10月はぜひKAOさんのコンサートを聞いて、水あめの仕込み会もやりたいと思っています。

放送欠かさず聴いております。
元気でご活躍ください。


投稿: yupon | 2009年9月24日 (木) 20時11分

yuponさん、こんにちは。いつもありがとうございます。あっという間に1ヶ月がたってしまいました。息子様もお父様もますますお元気にご活躍のご様子、何よりですね。すごいですね。太陽光で沸かすお湯。自作なさる力こそ21世紀にみんなが必要としている力ですね。やはりそういうたくましさがないとこれからは生きていかれませんね。本当に世の変わり目だと思います。必要とされていることが今まさに大きく変わろうとしているのだと思います。どうぞまた来月には遠山郷へお越しください。みなさんで楽しく盛り上がりましょう。政治も動きましたね。これからみんな動くと思います。ますますのご活躍をお祈りしております。ありがとうございます。
藤原直哉 拝

投稿: 藤原直哉 | 2009年9月24日 (木) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週刊WADAニュース 09年第35週 荒井茂樹、本多長勝 夜のお散歩 他 | トップページ | 藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2009年9月1日 歴史的政権交代 »