« 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」2008年7月4日 岸端健太、荒井茂樹 スクープ!荒井食堂の実態!! | トップページ | 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2008年7月8日 生きがいを知るために »

2008年7月 8日 (火)

藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2008年7月8日 流動化する世界経済

流動化する世界経済  「080708.mp3」をダウンロード

|

« 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」2008年7月4日 岸端健太、荒井茂樹 スクープ!荒井食堂の実態!! | トップページ | 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2008年7月8日 生きがいを知るために »

コメント

藤原様、夏に相応しく経済怪談話を聞きながら涼しく過ごしております(笑)

青竹が腐った状態は経験したことがありませんが、言わんとすることは沢山経験しております。

その一つが経済産業省が発表した「経済成長戦略大綱」
http://www.meti.go.jp/press/20080627008/20080627008.html
基本的には去年と変わらないのですが、イノベーション創造機構(仮称)の創設。と言うのがあり電話質問をしてみました。

数年前の役所の対応は、同じ事を言葉を換えて解った気にさせられる。また気迫も在って何となく納得してしまい、その気になったのですが、今年の担当者は反論がなかった。段々と声が細くなり謝られるのでは無いかという雰囲気も漂いだし不安になった次第です。

怪談話が単なる話で在ればよいのですが、実体験が伴うと笑っていられないのが辛い所です。流れる物は流れて行くのでしょうが、その先のイメージも持ちたい物です。

どうなるか全く解りませんので、想像たくましくほらを吹くと、消費の概念を無くす必要があるのかな?相手を認める事から始まる協調の姿勢が大切になるのかな?と思うことが色々あります。

コメントのやりとりで次の世界の模索も出来ればもっと希望がもてる様になるのかな?とも思います。

投稿: kazu | 2008年7月 9日 (水) 15時59分

kazuさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
怪談で済めばよいのですが(大笑)。経済産業省は最近では竹中の影響力が一番激しく効いてしまったようで、官から民へといいながら、結局はノートライ・ノーリスクで日々何となく暮らしているようですヨ。

金融恐慌が欧州に飛び火し、さらに世界が産業恐慌の様相を呈し始めました。これからしばらくどんどん今までの基盤が流れていくような展開だと思います。

ここはまず未来へのビジョンを自分なりにしっかり持たないと何もできそうにありません。あるべき姿というものを自分なりに考え、それに基づいて行動していく必要があるでしょう。強みは一種の遺伝子ですから、未来へのビジョンに向けて具体的に使っていくことになります。

なかなか未来が見えない時代とはよく言われますが、でも人々の意識の中には今の時代への反発を含めて、何か共通の理想が芽生えてきていると思います。それをどれだけ早く形にできるかですね。

どうぞ引き続きご活躍下さい。

藤原直哉 拝

投稿: 藤原直哉 | 2008年7月 9日 (水) 16時39分

藤原直哉さん、はじめまして。
私は東京にいる某学生です。この国を一から作り直すために、私は藤原さんと積極的に協力させていただきたいと考えております。そのため、世界経済崩壊後における、日本国の復興計画について、包括的な論文を執筆いたしました。藤原直哉さんや、ラビ・バトラさんの意見を主軸に構築したものです。藤原さんにも目を通していただければ幸いです。

以上

投稿: 匿名希望 | 2008年7月12日 (土) 21時55分

匿名希望さん、こんにちは。いつもありがとうございます。大変な力作ですね。これから読ませていただきます。今年は秋以降が大混乱だと思います。引続きどうぞますますご活躍下さい。

藤原直哉 拝

投稿: 藤原直哉 | 2008年7月13日 (日) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」2008年7月4日 岸端健太、荒井茂樹 スクープ!荒井食堂の実態!! | トップページ | 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2008年7月8日 生きがいを知るために »