« 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」 2008年6月1日 日本再生と遠山郷 藤原直哉 遠山郷木沢小学校での講演 | トップページ | 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2008年6月3日 戦国時代の生きがい »

2008年6月 3日 (火)

藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2008年6月3日 怒りを建設的エネルギーに

怒りを建設的エネルギーに  「080603.mp3」をダウンロード

|

« 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」 2008年6月1日 日本再生と遠山郷 藤原直哉 遠山郷木沢小学校での講演 | トップページ | 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2008年6月3日 戦国時代の生きがい »

コメント

いつものように実にお見事ですね~。世界がよく見えてきます。

 アメリカでは底辺ではあちらこちらで現金が足りない。物価が下がると、生活は出来る。物価が上がると、切り詰めても生活できない。今までは借金をして消費をやっていた。サブプライムローンの破綻で、お金が借りられなくなって来ているようです。アメリカもこれでは暴動ですね。人間に最低限必要な食料、エネルギーを投機の対象にしていて、発展途上国でももう暴動で、国家の政府が転覆する状況になってきました。

 日本でも物価が上昇してきたが、物価が上がってくると、生活切り詰めるだけでは生活できない人たちが出てきた。これは世界的な傾向で、アメリカだけでなく、日本でもいよいよ生活が出来ない人たちが出てきた。ガソリン税と後期高齢者健康保険代の負担はそれを物語っています。道路を作ることは地方の救済だと言ってきて、ガソリン税の復活をしました。物価が上がって、ガソリン税を下げるのが筋なのですが、道路のために今度もあげるという自民党公明党、地方の知事や土建業界の生活を守るために復活させた。石油が投機の対象になり、石油の値段がどんどん値上がりして、長崎県などの島ではガソリン価格が1リッター200円を越えるそうです。これでは国民年金の5万円では生活できません。

 これはすごいことですよ。暴動だ、一揆だ。自民党と公明党の先生方はもう終わりですな。

 日本の都会の家賃の高さはすごいものだと思う。都会で、部屋を借りるとなると、敷金、権利金、家主へのお礼代、アレコレあわせると、東京では相当な現金を必要とする。5ヶ月分でしょうか。これが大阪になると、8か月分くらいになるのではないでしょうか。大阪は高いですね。収入に対しての部屋代は一体いくらになるのでしょう。新エンゲル係数(収入に対する部屋代はどのくらいになるのでしょう。家賃に加えて、小麦、乳製品などはファンドの投機でどんどん値上がりしています。

 この先に何が待っているか。

今度の選挙が楽しみです。政治家や官僚や財界が生き残りのために国家の予算をお金で買っています。国民もいよいよ生き残りのために、選挙で意志を行使しないと今度は生存権がかかっています。

投稿: トトロ | 2008年6月 4日 (水) 03時03分

トトロさん、こんにちは。お聴きくださり、ありがとうございます。今年の日本の政治は本当に大きく変わるでしょう。その先に何が見えてくるか、日本にとっての正念場ですね。どうぞますますご活躍下さい。

投稿: 藤原直哉 | 2008年6月 4日 (水) 07時12分

昨日、秋葉原での通り魔事件が発生しました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
6/8は、あの池田小学校での惨劇が起こった日です。
宅間の亡霊がこの世にさ迷っているのでしょうか。
この事件の模倣犯がでないことを願います。
【この事件はアキバblogが詳しい】
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50670762.html

犯人は、もうどうでもいいやと自暴自棄になって犯行に至った
とのこと。この辺りも宅間死刑囚に似ています。
殺人欲望が自分に向かえば自殺となり、他人に向かえば
殺人になります。自殺と殺人はコインの表と裏の関係です。

それにしても、わざわざ池田小学校での殺人事件が起きた日と
同じ日にやりますかねぇー。 ひどい話です。
この現場は、歩行者天国と普通に車が通る主要道の交差点で
大勢の人が歩いています。南はいわゆる電気街、北はパーツや
ゲームなど濃ゆい街ですが、PCの中古ショップとかあり、
私が秋葉原を徘徊するときのルートと重なっています。
(以前、三菱銀行秋葉原支店があった場所です)
犯人が逮捕された場所も、よく通ります。

今後、類似の事件(もうどうでもよくなったので人殺ししてみました)
がどんどん発生しそうな予感です。マスメディアもあまり詳細に
報道しない方がいいと思います。

インターネット新聞版の号外がでてました。
http://www.toonippo.co.jp/gougai/gou2008/0608.pdf

佐藤浩二 拝  2008/06/09

投稿: 佐藤浩二 | 2008年6月 9日 (月) 00時49分

佐藤浩二さん、おはようございます。いつもありがとうございます。すさまじいことになってきましたね。人が楽しげに集まるところが危ないようですね。まさに恐怖の大王が支配する世の中。一度行くところまで行くのかもしれません。引続きお元気にお過ごし下さい。

藤原直哉 拝

投稿: 藤原直哉 | 2008年6月 9日 (月) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原事務所の「ロハスで愉快な仲間たち」 2008年6月1日 日本再生と遠山郷 藤原直哉 遠山郷木沢小学校での講演 | トップページ | 藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2008年6月3日 戦国時代の生きがい »